本館) (トップ) (分館)

バートランド・ラッセルのポータルサイト



牧野力(編)『ラッセル思想辞典』より

宣伝を見破る力

(From: Education and the Social Order, 1932.)


 教育の本分のなかで最も重要かつ無視されているものの一つは、どうすれば少ない資料(情報)に基づいて、正しい結論を導くことができるかを教えることである。論理学者としての厳密な論理からいえば、この言い方はまったくナンセンスだと、私は十分自覚している。しかし、実生活におけるあらゆる成功には、このような明らかに不可能に見える離れ業をやってのける能力がなければならない。戦いに勝てる将軍(指揮官)は、敵の打つ手を正確に予測できる人間であり、組織で成功する人は、短時間の面接だけで有能な部下を選び出すことのできる人間である。成功するような科学者でさえも、後に立証されるようなことを憶測できた人間にすぎない。政治においては、理性的な人間でも、合理的な結論を得ることを可能にするほど十分な資料(情報)など存在しない。
 にもかかわらず、理性的でしかも抜かりのない人間ならば、それらの少ない資料(情報)から賢明な結論に達することもまれではない。これらをなしとげるためには、科学的に見て偏っていないことや仮説的な思考能力が必要である。しかし、その上に、さらに必要なものがある。必要なその素質とは、漠然と「判断力」と呼ばれているものである。「判断力」は、特定の方面において適切な資料(情報)による経験を積めば、(少なくともその方面においては)大いに進歩する能力である。若い人達は、教育期間中のある段階で、(最初はそうでないように見えたが)後になって人々を誤らせていたということが判明したような雄弁(演説)を聴いたり、過去の事件についての政党の声明書と実際に起こった事実とを比較したりして、政治的宣伝に対する判断の仕方を学ばせる必要がある。・・・。これこそ、人々が宣伝に繰られない技術である。

(松下注:イラストの出典 Russell's Good Citizen's Alphabet, 1954.)
One of the most important parts of education, and one of the most neglected, is that which teaches how to reach true conclusions on insufficient data. ... . Young people ought, at some stage in their education, to be taught political judgement, by listening to eloquence known in advance to be misleading, by reading partisan statements about past events and trying to infer what realy happened, and so on. ...