B.ラッセルのポータルサイト

ラッセル「科学的社会の安定条件

出典:牧野力(編)『ラッセル思想辞典

* From: The Impact of Science on Society, chap. 7(1952)
『ラッセル思想辞典』に chap.6とあるのは誤記


 科学的社会が安定しうるのは、以下の四条件の実現にある、と私は結論する。

 第一条件 全世界に単一の政府ができ、その世界政府が軍隊を独占し、平和を強制することができること。
 第二条件 繁栄が一般に広がり、ある地域が他の地域を羨望する機会がないこと(機会を無くすこと)
 第三条件 (第二条件を満足させた上で)世界的に出生率が低化し、世界人口が定常化あるいはほぼ定常化すること。
 第四条件 仕事と遊びの双方において、個人の創意と発議の機会が確保され、また、必要な政治的・経済的体制を維持してゆくことと両立しうる限りにおいて、最大限、権力の分散・権限委譲が行われること。

 現代世界にはこれら諸条件の実現から遠く離れており、従って、世界の安定化(達成)までに、膨大な大変動(upheavals)やぞっとするようなべき苦悩を予期(予想)しなければならない。今までの激動や苦悩は、人間の宿命とも言うべきものであったけれども、一方、今や人類は、おぼろげで不確かであっても、一つの可能な未来の頂き -そこでは貧困と戦争とは克服されている- を見ることができる。恐怖心は -(まだ)残っていても- 病理的なものに過ぎなくなっているだろう(注:正常な人は恐怖心をもっていないだろう)。現在の科学から見て、その頂上へ至る道は長いが、この究極的な希望を見失う理由はまったく存在しない。

ラッセル関係電子書籍一覧
( My conclusion is that a scientific society can be stable given certain conditions.
The first of these is a single government of the whole world, possessing a monopoly of armed force and therefore able to enforce peace.
The second condition is a general diffusion of prosperity, so that there is no occasion for envy of one part of the world by another.
The third condition (which supposes the second fulfilled) is a low birth rate everywhere, so that the population of the world becomes stationary, or nearly so.
The fourth condition is the provision for individual initiation both in work and plays and the greatest diffusion of power compatible with maintaining the necessary political and economic framework.
The world is a long way from realising these conditions, and therefore we must expect vast upheavals and appalling suffering before stability is attained. But, while upheavals and suffering have hitherto been the lot of man, we can now see, however dimly and uncertainly, a possible future culmination in which poverty and war will have been overcome, and fear, where it survives, will have become pathological. The road, I fear, is long, but that is no reason for losing sight of the ultimate hope.)