B.ラッセルのポータルサイト

ラッセル「競争原理の公害性」

出典:牧野力(編)『ラッセル思想辞典

Source: New Hopes for a Changing World, pt.III: Man and Himself, chap.16: ideas which have become obsolete

 以下は牧野力氏による要旨訳(ただし、牧野訳はかなり荒っぽいものでしたので、かなり字句を修正)に英文(原文)を添付したものです。
 なお、一部該当する英文が見つけられないものがありました。

 競争は、- 初期の信奉者によって抱かれたように(注:競争によって進歩が生まれるという考え方)- 境界内(制限内)に留められるべきものであった。(即ち)競争は競争相手である雇用主(雇用主同士)に限定され、法律で認められた範囲内に限定されるべきであった。(注:牧野訳では想像力たくましく次のように訳出されている。「競争を望ましいと始めは信奉していた人々も、やがて競争をある限度内に止めておくべきだと考え直し、使用人(被雇用者)同士の間の競争を限定し、法律の許す範囲内だけに止めよと改めた。」/おまけに、employers 雇用主を「使用人(被雇用者)」と誤訳)
 しかし、この足かせは取り除かれた。階級間の競争(階級闘争)は社会主義へと、国家間の競争戦争へと、導いた、社会主義も戦争も、R.コブデンのような、競争の初期の信奉者には全く意図されていなかったものであるが、(競争という)信条が生んだ必然的な結果であった。万人に豊かな生活を保障するはずの近代技術の競争が、人間への恐るべき災害を生んだ。・・・産業主義(工業主義)が徐々に効率的になるにつれ、古い生存競争的世界観はより適用性を失い、より有害となった。・・・
 私は、(現在)必要とされる考え方の変化の全体的な基礎(をなすもの)は技術上のものであるということを、繰り返し言いたい。 今や競争ではなく、広範囲、かつ大規模な協力によってこそ、従来よりも遙かに大きな利益がもたらされるからである。戦争と党派的分裂によって、被害は増大する。人類は昔の競争の習慣やその僅かな利益の夢が忘れられず、今日の泥沼におちた。二度の世界大戦もその実例であった。東西に対立感情があり、互いに背後にピストルを握っていれば、どちらが先に発砲するのかと疑うことしか考えられず、協力どころでなくなる。
 東西の対立は、何ら外的な自然的原因からではなく、古い人間の喧嘩好きな原始衝動の延長にすぎない。考え方の変革がまず必要である。
( Competition, as conceived by its early devotees, was to be kept within bounds. It was to be confined to rival employers, and limited to what the law allowed. But it escaped from these shackles. There was competition between classes, and there was competition between nations. The first led to Socialism, the second to war. Neither of these had been intended by the early apostles of competition, such as Cobden, and yet both were inevitable consequences of the creed. ... As industrialism becomes more and more efficient, the old competitive outlook becomes at once less applicable and more harmful, sinch both plenty and disastrous devastation are possible results of human skill.
I wish to repeat that the whole basis of the change of outlook which is required is technical. There is nowadays much more profit in large-scale co-operation than there used to be. ... Vast unificatios are profitable, whereas dislocations caused by wars or strikes do more harm than they did in former times. ...
... Just the same considerations apply to the present East-West tension. ... If A and B each know that the other is after him with a pistol, they may consider general maxim about the desirability of co-operation irrelevant. ...
... )