B.ラッセルのポータルサイト

シェア

ラッセル「権限委譲」

Source: Authority and the Individual, 1949, chapt.6:Individual and Social Ethics

牧野力(編)『ラッセル思想辞典』所収




ラッセル関係電子書籍
 (Kindle本)一覧

 おおざっぱに言って、社会活動の目的には重要なものが二つある。一方で、安心・安全の確保(セキュリティ)及び公正/正義の確保という目的のためには中央集権的政府の統制が必要であり、 十分な効果を発揮しようとすれば、(社会の構成範囲を)世界政府の創設にまで拡大しなければならない。他方、進歩という活動目的のためには、(中央集権とは)逆に、社会秩序と両立可能な個人的創意工夫や発議権を最大限に発揮させる必要がある。これらの2つの目的を可能な限り確保する方法は、権限委譲である。
 世界政府は、戦争防止に関係しない事柄は全て各国政府の自由にまかせなければならない。(また)各国政府は、自らもまたできるだけ広い範囲の事柄を地方当局(地方自治体)の自由にさせるべきである(地方自治に委ねるべきである)。
 産業においては、国有化すれば一切の問題が解決すると考えてはならない。・・・。労働意欲、生き甲斐、作業能率の向上のためには、国有の反面で大幅の自治を許すべきである。国有、国営の下での被雇用者対国家との関係は、被雇用者対私的雇用者(資本家)の関係の複製であってはならない。・・・。
 文化的な問題では、多様性(を認めること)は進歩の条件である。大学や学会のような国家から一定の独立性を持った組織は、この点で大きな価値がある。現在のロシアのように、科学的に無知な政治家が経済力や警察力を駆使して自分たちの馬鹿げた決定を強制することができるために、科学者たちが無意味なことをしなければならないというのは嘆かわしいことである。・・・。
 ある種の独立性を制度的に国家が保障すべきである。この保障には、権限委議と民主主義の実体をもつ制度が必要である。政治的統制の危険を中和し、統制悪を軌道修正する力は権限委譲制度と批判を許す民主制とにしかない。
(... Broadly speaking, we have distinguished two main purposes of social activities: on the one hand, security and justice require centralized governmental control, which must extend to the creation of a world government, if it is to be effective. Progress, on the contrary requires the utmost scope for personal initiative that is compatible with social order.
The method of securing as much as possible of both these aims in devolution. The world government must leave national governments free in everything not involved in the prevention of war ; national governments, in their turn, must leave as much scope as possible to local authorities. In industry, it must not be thought that all problems are solved when there is nationalization. A large industry -- eg., railways -- should have a large measure of self-government; the relation of employees to the State in a nationalized industry should not be a mere reproduction of their former relation to private employers. ...
In cultural matters, diversity is a condition of progress. Bodies that have a certain independence of the State, such as universities and learned societies, have great value in this respect. It is deplorable to see, as in present-day Russia, men of science compelled to subscribe to obscurantist nonsense at the behest of scientifically ignorant politicians who are able and willing to enforce their ridiculous decisions by the use of economic and police power.)