B.ラッセルのポータルサイト

ラッセル「官僚の権力悪」

出典:牧野力(編/訳)『ラッセル思想辞典』より

Source: The Impact of Science on Society, 1952, chap.3


ラッセル関係電子書籍一覧
 官僚(←官吏)の権力増大は、科学技術がもたらす組織の増大化に不可避な結果だが、人民が無関心な時、とかく官僚は黒幕的な権力者になりやすい。この欠陥を防止し、官僚を監視することは、現代の最も重要な政治課題である。
 自由主義者は国王や貴族の権力に抗議し、成功した。社会主義者は資本家の権力に抗議した。社会主義が、資本家に代る官僚の権力に対決するのでなければ、抗議の意味がなくなる。資本家の権力官僚に引き継がれるからである。官僚の欠陥は自分の管理事項の実態から疎遠になりやすい点で、政党人もまた、官僚の影響で無知になりやすい。
 文部省の役人は、教育の本質に無知だと思わせる程、行政の枝葉末節にしか頭が働かない、この点は他の役人にもあてはまる。
 1921年に中国から帰国した時、私は英国の極東政策決定を担当する終身官僚と若干の交渉があった。その時知ったのが、彼らの無知はもちろんのこと、それ以上に永年在職というただのうぬぼれだけが強く、本質的な見識に乏しかった。
(The main point is this: Scientific technique, by making society more organic, increases the extent to which an individual is a cog; if this is not to be an evil, ways must be found of preventing him from being a mere cog. ...
... Liberals protested, successfully, against the power of kings and aristocrats; socialists protested against the power of capitalists. But unless the power of officials can be kept within bounds, socialism will mean little more than the substitution of one set of masters for another: all the former power of the capitalist will be inherited by the official. ...
One of the drawbacks to the power of officials is that they are apt to be quite remote from the things they control. ...
What do the men in the Education Office know about educa- tion? ...
... After I had returned from China in 1921 , 1 had some dealings with the permanent officials who determined British Far Eastern policy, and found their ignorance unsurpassed except by their conceit. ...) )