B.ラッセルのポータルサイト


ラッセル「過剰な確信」

出典: Unpopular Essays, 1950, chap. 2: Philosophy for Laymen



 以下は、牧野力氏による要旨訳(ただし、少し修正)に英文を付加したものです。


ラッセル関係電子書籍一覧
 (真の)哲学有知(知識をもっていること)と無知とのいずれについても、過剰な確信を抱いてはならない(「絶対に正しい」とか「絶対に間違っている」とか言うべきではない)。・・・「私はこれを知っている」と 言う代わりに、「私はこれと多少似たものを多少知っている」と言うべきである。算数の九九表についてこんな言い方は確かに不用だが、世間の実際的な事柄についての知識九九表のような確実さや精密さがないからである。
民主主義は良いものだ」と私が言うと仮定しよう。 第一に、これが九九表のように確実でなく、状況によって色々違ってくることを私は認めねばならない。
 第二に、「民主主義」は厳密に定義できない幾分曖昧な言葉であることを認めなければならない。従って、次のように言うべきである。「もしある政府が英米の憲法に共通な特徴を備えた何物かを持てば、民主主義は良いものであるとかなり確信が持てる」。そこで、教育の一つの目標は、教壇から生徒に説く時 歯切れのよい政治的スローガンのような言い方よりも 右の言い方を有効に活かす説き方でなければならない。
 その理由は、人間の知識は多少とも不確実かつ暖味であると認めるだけでは不十分であり、同時に、仮説を独断的に最善と思い込まずに行動することを学ぶ必要があるからである。晴れるかもしれないと思っても、反対の可能性を忘れず 、防水マント(mackintosh)を持参するのである。独断家はマントを家に残すだろう。これは、社会的に重要な論争問題について適用できる(あてはまる)。
( ... What philosophy should dissipate is certainty, whether of knowledge or of ignorance. Knowledge is not so precise a concept as is commonly thought. ) Instead of saying 'I know this,' we ought to say 'I more or less know something more or less like this.' It is true that this proviso is hardly necessary as regards the multiplication table, but knowledge in practical affairs has not the certainty or the precision of arithmetic. Suppose I say 'democracy is a good thing': I must admit, first, that I am less sure of this than I am that two and two are four, and secondly, that 'democracy' is a somewhat vague term which cannot define precisely. We ought to say, therefore: 'I am fairly certain that it is a good thing if a government has something of the characteristics that are common to the British and American Constitutions,' or something of this sort. And one of the aims of education ought to be to make such a statement more effective from a platform than the usual type of political slogan. For it is not enough to recognize that all our knowledge is, in a greater or less degree, uncertain and vague; it is necessary, at the same time, to learn to act upon the best hypothesis without dogmatically believing it. To revert to the picnic: even though you admit that it may rain, you start out if you think fine weather probable, but you allow for the opposite possibility by taking mackintoshes. If you were a dogmatist you would leave the mackintoshes at home. The same principles apply to more important issues. )