B.ラッセルのポータルサイト

ラッセル「イデオロギーの意味」

出典:牧野力(編)『ラッセル思想辞典



 要旨訳ですが、牧野訳に少し手を入れました。

 今日広く使われている「イデオロギー(ideology)」という語(言葉)は、以前「信条(creed)」という語(言葉)で意味されたこととほとんど同じことを意味している。イデオロギーを定義すれば、「一連の公私の行動に導く信念の体系であり、それが政治的に重要な時には常に聖職者や聖職者と同類の人々(注:宗教的信念を持った人達)によって支持されるもの」と言ってよいであろう。ナポレオン(が使ったこと)によってこの語(言葉)は一般的に使われるようになった。・・・。私は、「イデオロギー」という語(言葉)を「信条」という言葉の同義語として、ただし、教義的意味を余りもたない語(言葉)として使うことにしよう。
The word 'ideology,' which is now common, means nearly the same thing as was formerly meant by 'creed.' An 'ideology' may be defined as a system of beliefs leading to a line of conduct, both public and private, and supported, whenever it is politically important, by a priesthood or something analogous. The word was brought into general use by Napoleon, ... I shall use the word 'ideology' as practically synonymous with the word 'creed', but with slightly less implication of dogmatic definiteness.
Source: New Hopes for Changing World, 1951, Part II, chap. 13:
Creeds and deologies.