B.ラッセルのポータルサイト

ラッセル「欧米人と中国人との相違点)」

出典:牧野力(編)『ラッセル思想辞典

 Source: Sceptical Essays, 1928, chap.8: Eastern and Western Ideals of Happiness



ラッセル関係電子書籍一覧
 以下は、1928年に出された Sceptical Essays に収録されているエッセイの一つですが、あくまでも共産主義革命が起こる前の中国及び中国人を念頭に書かれたものです。中国で文化大革命が起きた時には「中国は変わってしまった」とラッセルは嘆いていました。

(要旨訳です。)
 中国人と私たち自身(欧米人)の主な違いを一言で要約するならば、、彼ら(中国人)は主に楽しむことを目指し、私たちヨーロッパ人は主に権力(の追求)を目指すと言うべきでしょう。
(If we were to try to sum up in a phrase the main difference between the Chinese and ourselves (Europeans), I should say that they, in the main, aim at enjoyment, while we, in the main, aim at power.)

 欧米人は同胞(人間)に対する影響力(支配欲)や自然に対する支配力を好みます。前者のために強大国家になろうとし、後者のために(これまで)科学を築き上げてきました。
(We like power over our fellow-men, and we like power over Nature. For the sake of the former we have built up strong states, and for the sake of the latter, we have built up Science.)
 ・・・中略・・・。

 ・・・。白状しないといけないが、私は中国を知るようになって以来(since)、のんびりすること(laziness 怠惰)は大衆(men in the mass)がその能力として持っている最良の性質だと見るようになっている(見なすようになった)。
(... , but I must confess that, since I came to know China, I have regarded laziness as one of the best qualities of which men in the mass are capable.)

 中国には、最近まで、それら(西欧のような能率主義の制度や技術体系)がなく、国家は非能率的だったが、逆に、自由と幸福が広く存在した。
(In china, until recently, they had none of these things. Industry was too inefficient to produce either automobiles or bombs; the State too inefficient to educate its own citizen's or to kill those of other countries. )

 両者の考え方の印象的な差は、中国人が(a)何か有益な目的に役立つ活動しか賛美せず、(b)道徳とは人間自身の衝動を抑制したり、他人の衝動を妨げたりすることにあるのではないと考えていることである。
(Comparing the actual outlook of the average Chinese with that of the average Western, two differences strike one: first, that the Chinese do not admire activity unless it serves some useful purpose; secondly, that they do not regard morality as consisting in checking our own impulses and interfering with those of others.)