B.ラッセルのポータルサイト

「T. S. エリオット」

出典:牧野力(編)『ラッセル思想辞典

 Source: Dear Bertrand Russell, 1969, Part V.



ラッセル関係電子書籍一覧
(要旨訳です。)
<Mr Gonin と言う人の手紙の「 His friends all seem to think that he was the epitome of goodness and morality, but his writings seem to me to display an astonishing narrowmindedness and intolerance ...」に対するラッセルの返信>

 T.S・エリオットの性格は驚くほど心が狭く寛容でないという評価に、私は全く賛成です。1914年の春、私が大学院(注:ハーバード大学)の某クラスで講義をしていた時、彼はその一員(学生)でした。私がへラクレイトスを賛美していると言った時、直ぐさま彼は「そうです。彼はその通りです。フランソア・ゲイヨンと同じように」と夢見るような様子で答えました。その当時、三カ月間、彼が私に言った言葉はただそれだけでした。
 その後、第一次大戦が始まった直後、(1914年)十月にロンドンで偶然再会しました。彼は、独特な話し方で(彼を)思い出させてくれました。
(I entirely agree with your estimate of Eliot's character. I made his acquaintance in the Spring of 1914 while teaching a graduate class of which he was a member. I happened to say that I admired Heraclitus, to which he replied in a dreamy tone, 'Yes, he's so like Villon.' This was the only remark he made to me during those three months, but it caused me to remember him when I met him by chance just after the beginning of the First War in London in October.
私 「やあ、君は何をしているのかね。」
彼 「今、ベルリンから丁度戻って来たところです。」
私 「この戦争をどう思うかね。」
彼 「僕にはわかりません。ただ、僕が平和主義者でないことだけは確かです。」
私 「そうかい。人々が何で殺されていようと、君は少しも構わないのだね。現に殺されつつあるのに・・(殺されつつある間に)」
( I said, 'Hellow, what are you doing here?' He said. 'I have just returned form Berlin.' I said, 'What do you think of the war?' He said, 'I dont know, except that I'm not a pacifist.' I said, 'I see, You don't care what people are killed about, so long as they are killed.)