B.ラッセルのポータルサイト

「睡眠と夢」

R.カスリルズ、B.フェインベルグ(編著),日高一輝(訳)(一部松下修正)『拝啓バートランド・ラッセル様 (市民との往復書簡集)』

目 次



拝啓 バートランド・ラッセル様
    ・・・。
  1. 夜、眠れない時、何を考えておられますか?
  2. 専門的な(職業的)活動と関係のある特別な夢を見ますか? もしそうでしたら、特徴があると思われる例を一つ示していただけませんか?
  3. 夢が何か人生に役立つような考えをあなたに与えてくれたことがありましたか?

ラッセルからの返事(1958年10月16日付)

 拝復
 10月13日付のあなたのお手紙に対する私の返事は以下のとおりです。
  1. 私が眠れない時は、通常、自分がした愚かなことについて考えていて目覚めているというのがその理由にあります。私はそのような時は、独りで詩を暗唱して、そういった愚かな考えを追い払います。
  2. 私は、自分の専門の仕事に関係のある夢はいっさい見ません。
  3. 私は、自分の仕事上の困難を解決するのに役立つような夢は一度も見たことがありません。しかし、自分があまり気付いていなかった自己欺瞞を治してくれた夢を見たことは何度かあります。
     敬具
     1958年10月16日 バートランド・ラッセル

    ...

    '1. What are your thoughts during the night when you don't sleep?
    2. Have you particular dreams which have to do with professonal activities? If so, could you give an example of one which appears to yo characteristic?
    3. Have dreams furnished you with ideas useful in life?'

    Dear Sir,
    In reply to your letter of October 13, my answer are as follows:
    1. When I do not sleep, it is usually because I am kept awake by thinking of foolish things I have done. I try to banish such thoughts by recitingt poetry to myself.
    2. I never dream about anything concerned with my professional occupation.
    3. I have never had a dream which helped me to solve any difficulty in my work, but I have had dreams which cured me of some unconscious piece of self-deception.
    (From: Dear Bertrand Russell; a selection of his correspondence with the general public, 1950 - 1968. Allen & Unwin, 1969.)