B.ラッセルのポータルサイト

「ラッセルの日課」

R.カスリルズ、B.フェインベルグ(編),日高一輝(訳)『拝啓バートランド・ラッセル様_(市民との往復書簡集)』

目 次


 ・・・。私は、ブダペスト科学大学の哲学部の英語講師をしています。・・・。失礼ながら、閣下(lordship)が起床されてから夜までの間にどのように時間をお過ごしになっておられるか、おたずねしたいと存じます。・・・。'

(ラッセルの1963年3月26付の返事)

拝啓 Laczer 博士
・・・。
<ラッセル91歳の時
午前8時から11時30分まで、新聞を読んだり手紙を処理したりします。私は1日平均、約100通の手紙をもらいます。
午前11時30分から午後1時までの間に人と面会します。
午後2時から4時までの間に読書をします。主として現在の核問題について書かれたものを読みます。
午後4時から7時までは、執筆したり、面会したりします。
午後8時から午前1時まで、読書したり、執筆したりします。
 以上が私の日課です。これであなたのご質問に対するご返事になればと思います。(注:ということは、午後1時から2時までが昼食、午後7時から8時までが夕食、睡眠時間は8時間ということになります。散歩もしていたはずです。午後2時から4時までの間で、読書をしない日散歩していたのでしょうか? /写真:プラス・ペンリン(自宅)のラッセルの書斎:(故)牧野力氏のアルバム(1972年)より。)
 ご健勝のほどを
 敬具 バートランド・ラッセル

... From 8 to 11.30 a.m., I deal with my letters and with the newspapers. I receive on an average one hundred letters a day. From 11.30 to 1 p.m., I am seeing people. From 2 to 4 p.m., I read, primarily current nuclear writings. From 4 to 7 p.m., I am writing or seeing people. From 8 to 1 a.m., I am reading and writing. That is my daily routine and I hope it answers your questions.
With good wished,
(From: Dear Bertrand Russell; a selection of his correspondence with the general public, 1950 - 1968. Allen & Unwin, 1969.)
<br>