バートランド・ラッセルのポータルサイト

プリンキピア・マテマティカ 対 コンピュータ

R.カスリルズ、B.フェインベルグ(編),日高一輝(訳)『拝啓バートランド・ラッセル様_市民との往復書簡集』

目 次



'・・・。同封した論文は、人間の問題解決過程のコンピュータ・シミレーションにおいて我々がいかに進歩したかを示すものです。・・・。我々は問題解決能力において、かなり顕著な改善をとげており、・・・ある問題においては、このコンピュータは、『プリンキピア・マテマティカ』のなかのはるかに複雑な証明(法)にとってかわる、より美しくかつ単純な証明(法)を生み出しています。・・・。コンピュータは、その証明(法)をみつけるのに5分もかかりませんでした。
 これらの事実を、生徒に知らせるべきかどうか、私にはよくわかりません。あなたはまた、博識な人間と賢者とは必ずしも同一ではないということを示している我々のこの論文の証拠に興味をもたれることと思います。・・・。'

(ラッセルからの返事・1957年9月21日付)
拝啓 サイモン教授 殿

 お手紙と同封の論文、たいへんありがとうございます。(あなたの)コンピュータのほうがホワイトヘッドや私よりも優れているという実例を示してくださりうれしく思います。こうした事実は生徒達には隠しておくべきだとあなたがお考えになる理由はよくわかります。コンピュータのほうが生徒よりずっと立派に計算できるということを彼らが知ったら、生徒達が計算の仕方を学ぶことをどうして期待できるでしょうか。またあなたが「知恵は博識と同一ならず」という古い諺を精確に証明してくださり、嬉しく思いました。
 敬具 バートランド・ラッセル

'The enclosed [paper] will indicate our progess in simulating human problem-solving processes with a computer ... we obtain rather striking improvemnets in problem-solving ability ... in one case [the machine] created a beautifully simple proof to replace a far more complex one in [Principia]. ... The machine required something less than five minutes to find the proof. I am not sure that these facts should be made known to schoolboys. You may also be interested in the evidence of our paper that the learned man and the wise man are not always the same person....'

Dear Professor Simon, (September 21, 1957)
Thank you very much for your letter, and for the enclosure. I am delighted by your example of the superiority of your machine to Whitehead and me. I quite appreciate your reasons for thinking that the facts should be concealed from schoolboys. How can one expect them to learn to do sums when they know that machines can do them better? I am also delighted by your exact demonstration of the old saw that wisdom is not the same thing as erudition.
Yours sincerely
Bertrand Russell
(From: Dear Bertrand Russel, 1969.)'