B.ラッセルのポータルサイト

資本主義か共産主義か?(松下彰良・訳)

出典:R.カスリルズ、B.フェインベルグ(編著),日高一輝(訳)『拝啓バートランド・ラッセル様 - 市民との往復書簡集』

目次




ラッセル英単語・熟語1500
私は数ヶ月前にあなたにお便りして、戦争の真の原因が資本主義にあることを指摘しました。しかし、あなたは、ご返事でそれに同意されませんでした。

ラッセル(91歳)からの返事(1963年3月26日)

 拝復 ホーウッド様、
 ・・・。私が資本主義に反対の論を書いてきたのは1896年(ラッセル24歳の時に出版した German Social Democracy)以来のことです。従って、資本主義に対する私の反感を新規の現象だとあなたはお考えのようで、驚いています。。私は資本主義が嫌いなのと同じくらい共産主義も嫌いです。しかし、私の両者に対する反対は、核戦争に対する憎悪に比れべればはるかに小さいものです。この説明で、私の立場が完全に明らかになることを期待します。
 敬 具 バートランド・ラッセル

【 I wrote you some months ago pointing out that the real cause of war is Capitalism, but in your reply you did not agree. ...】

Dear Mr. Horwood, Mar. 26, 1963
.... I am surprised you should think my antipathy to capitalism a new phenomenon as I have written against it since 1896. My dislike for capitalism is about equal to my distaste for communism, but neither of these antagonisms on my part remotely compare with my detestation of nuclear warfare. I hope that this makes my positon quite clear,
With good wishes,
Yours sincerely
Bertrand Russell

(From: Dear Bertrand Russell; a selection of his correspondence with the general public, 1950 - 1968. Allen & Unwin, 1969.)