B.ラッセルのポータルサイト

「アフガン戦争 - 政治に関する最初の想い出」

出典:R.カスリルズ、B.フェインベルグ(編著),日高一輝(訳)『拝啓バートランド・ラッセル様 - 市民との往復書簡集』

目次


【・・・不幸にも、私の家族はこれらの英国との戦争に巻き込まれました。このような大間違いの戦争(注:第一次から第三次までのアフガン戦争のことか?)はまったく不必要なことであったことはもちろんですが、想像するに、その大部分は、(我々)アフガン人の心を理解できなかった2,3の(英国)政治家の過ちのせいでした。・・・ここ数年間の英国とアフガニスタンとの関係は非常に不幸なものです。・・・】

(ラッセルからの返事:1963年6月9日付)


ラッセルの言葉366
 拝復 アスラム・エッフェンディ様
・・・。英国とアフガニスタンとの間の過去の関係について、あなたは何かを言わなければならないとお考えのようですが、それに私は深い関心を覚えました。1878年のアフガン戦争は、私の想い出に浮かんでくる最初の政治的な出来事であり、私の家族はそれに反対していました。・・・
 敬 具
 バートランド・ラッセル


' ... Unfortunately in all these wars against the British my family was involved. These blunders were quite unnecessary of course but I imagine they were largely due to the fault of a few politicians who didn't understand the mind of the Afghans ... the relations between the British and the Afghans during these years have been very unfortunate. ...'

June 9, 1963
Dear Aslam Effendi,
'... I am much interested by what you have to say about the past relations between the British and the Afghans. The Afghan War of 1878, of which my family strongly disapproved, is my earliest politival recollection. ...
With all good wishes,
Yours sincerely
Bertrand Russell
(From: Dear Bertrand Russell; a selection of his correspondence with the general public, 1950 - 1968. Allen & Unwin, 1969.)