B.ラッセルのポータルサイト

ラッセル「1954年のクリスマス以来」

ラッセルの核戦争反対の活動についての情報を求める若いアメリカ人学生への返事

出典:R.カスリルズ、B.フェインベルグ(編著)『拝啓バートランド・ラッセル様 - 市民との往復書簡集』

* 日高一輝(訳) → 松下訳に変更

目次

ラッセルからの返事:1959年11月27日付

 拝復 ハイネマン君


ラッセル関係電子書籍一覧
 あなたが言及している著書の中に「自伝的回想」(Portraits from Memory, and Other Essays, 1956)が含まれていないということに、私は注目しています。疑いもなく、その書名から、核戦争とは関係がないように思われたのだと思います。しかし、この本の最後の二つの論文は、戦争の危険と戦争防止のための手段に関係したものです(松下注:Man's Peril と Steps towards Peace の2篇のこと)。また、この本の初めのほうに、関係していると思われる多くの節や句があります。あなたがあげていないもう1冊の本は、「ラッセル、フルシチョフ、ダレス重要書簡集」(The Vital Letters of Russell, Khrushchev, Dulles, 1958)です。この本を一冊あなたにお送りします。
の画像  あなたは、私の活動に関するいくつかの事実や日時に興味を持たれていると思います。ビキニ環礁での水爆実験やロシアによる水爆の開発は、核戦争の危険とそれが惹き起こす破滅が、予想されていたよりもはるかに大きいということを、示しました。私はこのことを1954年12月23日に行なったBBC放送で強調しました。この演説は「人類の危機」(Man's Peril)という題で「自伝的回想」の中に入れてあります。この放送に対する反響は驚くほど広範かつ好意的でしたので、私はその放送の直後、アインシュタインに手紙を書き、この放送での演説の趣旨にそった、共産主義の側及び西側の双方の小数の著名な科学者による'宣言'を出すことを提案しました。アインシュタインは強く同意しました。しかし、病気のためにその仕事のほとんどを私にゆだねなければなりませんでした。私はその文書の草案をまとめ、彼に送りました。アインシュタインは私が書いた草案に賛成しましたが、彼が同意したという返事は彼が死んだ後、私の手元に届きました。私は、アインシュタインが同意した草案に対する、共産主義国や西側の多種多様な政治的意見を持つ、非常に優れた科学者10名の署名を集めました。これは、共産主義者と反共主義者とがそのような文書に協力した最初の例だと思います。
の画像  私はこの宣言を、1955年7月9日の共同記者会見で公表しましたが、その記者会見では、英国の新聞は当然のこととして、全世界の代表的な新聞社のロンドン駐在代表が出席しました(松下注:200名以上の記者が集まったとのこと)。この共同記者会見は、テレビ中継され、世界中に放送されました。これから、パグウォッシュ運動と呼ばれているもの、つまり、東西の科学者たちが、ときおり会議をもって人類が当面している危険及びその防止手段について議論し、東西相互の偏見を乗り越えて決議文を作成した一連の会議が生まれました。この運動の名前の由来は、第一回会議が(カナダの)ノヴァ・スコシア州のパグウォッシュ村で開かれたこと、またサイラス・イートン氏の厚遇と財政的支援 --イートン氏は最初からずっと継続してこの運動にたいする支援をしています-- によって可能になったということにあります。この会議を何度も繰り返し開催した経験により、東側と西側の科学者たちの間の友好的な協力が完全に可能であること、また、重要な意見の一致が可能であることが示されました。これらの会議の成果は、報告書として発表されており、「原子科学者会報」(the Bulletin of the Atomic Scientists)の編集主幹のユージーン・ラビノヴィッチ教授から入手することができます。
 これらの最初の出来事あって以来、核戦争の危険とそれを回避する方法に関するキャンペーンが、アメリカ、英国、ドイツ、及び日本で組織されてきました。
 1954年のクリスマス放送以来ずっと、私の時間のほとんど全ては核戦争の問題で占領されてきました。私は、東西の、また共産主義国及び反共産主義国双方の、きわめて多数の国々から私の意見を述べるよう要望を受け取ってきました。それらの回答のごく一部を選んで、別便にて、あなたにお送りします。
 敬具
 1959年11月27日 バートランド・ラッセル



A reply to a young American student seeking information about Russell's anti-nuclear war activities.

27 November 1959
DEAR MR. HEINEMAN,
... I note that among the books you mention Portraits from Memory is not included. No doubt the title led you to think that it was not concerned with nuclear war, but the last two items in the book are concerned with the danger of war and the means of preventing it, and there are a number of passages earlier in the book that seem relevant. Another book that you do not mention is The Vital Letters of Russell, Khrushchev, Dulles. I send you a copy of this.
You may be interested in some facts and dates as regards my activities. The Bikini Test and the Russian development of H-bombs showed that the peril of nuclear warfare and the ruin that it would cause were both much greater than they had seemed. I emphasized this in a BBC broadcast made on December 23, 1954, which is reprinted in Portraits from Memory under the title 'Man's Peril.' The response to this was so astonishingly widespread and favourable that, very shortly after this, I wrote to Einstein suggesting a declaration by a few very eminent men of science, both Communist and Western, on the lines of my broadcast. He emphatically agreed, but said that owing to ill health he must leave most of the work to me. I drew up a draft of the document and sent it to him. Einstein agreed to my draft but the letter announcing his agreement reached me after his death. I secured the signatures of ten very eminent scientists of varying shades of Communist and Western political opinion to the draft which Einstein had approved. I think this was the first time that Communists and anti-Communists had co-operated in such a document. I publicized the document at a press conference on July 9, 1 955, attended by the representatives in London of all the leading newspapers of the world including of course the British papers. This conference was televised and broadcast throughout the world. Out of this arose what is called The Pugwash Movement, a series of conferences at which scientists of East and West meet from time to time to discuss dangers and preventives, and to draw up resolutions avoiding bias towards either side. The Movement derives its name from the fact that its first conference took place at Pugwash, Nova Scotia, and was rendered possible by the hospitality and financial support of Mr. Cyrus Eaton who has continued ever since to give his assistance to the Movement. The repeated experience of these Conferences has shown that friendly co-operation between Eastern and Western scientists is entirely possible and that important agreements can be reached. The results of these conferences are published in reports which can be obtained from Professor Eugene Rabinovitch, Editor of the Bulletin of the Atomic Scientists.
Since these first happenings, Campaigns have been organized in America, Britain and Germany and Japan on the perils of nuclear warfare and the means of avoiding it.
Ever since my Christmas broadcast in 1954, most of my time has been occupied with the question of nuclear warfare. I have received requests for expressions of my opinion from very many countries of the West and the East, both Communist and anti-Communist. I am sending you a very small selection of my replies under separate cover.
Yours sincerely,
BERTRAND RUSSELL

(From: Dear Bertrand Russell; a selection of his correspondence with the general public, 1950 - 1968. Allen & Unwin, 1969.)