(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



ラッセル「幸福に至る道」n.1 (松下彰良・訳)

The road to happiness (1952)

次ページ(Forward)

 二千年以上もの間、熱心な道徳主義者たちの間で、幸福何か下品かつ価値のないものとしてけなすのが慣例であった。何世紀もの間、ストア派哲学者たち(注:紀元前3世紀初めにゼノンによって創始された禁欲的な哲学の信奉者たち)は,幸福を説いたエピクロスを,攻撃した。彼らはエピクロスの哲学豚の哲学だと言い、彼についてのスキャンダラスな嘘をでっちあげて、自分たちのより優れた(と自称する)徳を表した。ストア派哲学者の一人のクレアンテスは、アリスタルコス(注:ギリシアの天文学者、地動説の先駆者)がコペルニクス的な天文学体系を擁護したかどで、迫害されることを望んだ。(また)ストア派の別の一人のマルクス・アウレリウス(Marcus Aurelius Antoninus, 121-180:『自省録』で有名)は、キリスト教徒を迫害した。ストア派哲学者で最も有名な一人であるセネカ(注:第5代ローマ皇帝ネロの幼少期の家庭教師)は、(皇帝)ネロを唆してに忌まわしい行為をさせ、莫大な財産を貯めこみ(蓄財をし)、ボアデイケア(注:現在のイギリス、東ブリタンニア、ノーフォーク地域を治めていたケルト言語圏域のケルト人イケニ族の女王)に法外な利子で金を貸して、彼女を叛乱へと駆り立てた。古代のことはこれでやめておこう。二千年飛ばすと、ドイツを没落させ、ドイツ以外の世界を現在の危険な状態に導いたところのひどい理論を発明したドイツの教授連中に行き着く。これらの学者たちはみな、彼らのイギリスにおける模倣者であるカーライル(注:Thomas Carlyle、1795-1881:19世紀イギリスの歴史家・評論家。日本人には,『英雄崇拝論』や『衣装哲学』などで知られている。)がやったのと同じく、幸福を軽蔑した。カーライルは、神に祝福されるために幸福を遠慮すべきだと、まったく倦むことなく我々英国民に言い続けた。彼は神の恵みの深さをかなり奇妙な場所,即ち、クロムウェルによるアイルランド人大虐殺、フリードリッヒ大王の血に餓えた裏切り行為、エアー知事(注:E. J. エア, 1815-1901:イングランドの探検家。オーストラリア大陸を陸路踏破し、後年はジャマイカなどの植民地総督を務めた。)のジャマイカにおける残虐行為に見出した。事実、幸福に対する軽蔑は、通常,他人の幸福に対する軽蔑であり、人類に対する憎悪のための優雅な偽装である。自分がより高貴であると考えるもののために自分自身の幸福を犠牲にする時、その人はもっと低い程度の高貴さを楽しんでいる人たちを羨ましがりがちであり、この羨望(妬み)は,自らを聖者(聖なる心を持っている)と思う人たちを、非常にしばしば、残忍かつ破壊的にするであろう。我々の時代(注:1952年当時)において、この心理の最も重要な例は,共産主義者たちである。
For over two thousand years it has been the custom among earnest moralists to decry happiness as something degraded and unworthy. The Stoics, for centuries, attacked Epicurus, who preached happiness; they said that his was a pig's philosophy, and showed their superior virtue by inventing scandalous lies about him. One of them, Cleanthes, wanted Aristarchus persecuted for advocating the Copernican system of astronomy; another, Marcus Aurelius, persecuted the Christians; one of the most famous of them, Seneca, abetted Nero's abominations, amassed a vast fortune, and lent money to Boadicea at such an exorbitant rate of interest that she was driven into rebellion. So much for antiquity. Skipping the next 2,000 years, we come to the German professors who invented the disastrous theories that led Germany to its downfall and the rest of the world to its present perilous state; all these learned men despised happiness, as did their British imitator, Carlyle, who is never weary of telling us that we ought to eschew happiness in favor of blessedness. He found blessedness in rather odd places: Cromwell's Irish massacres, Frederick the Great's bloodthirsty perfidy, and Governor Eyre's Jamaican brutality. In fact, contempt for happiness is usually contempt for other people's happiness, and is an elegant disguise for hatred of the human race. Even when a man genuinely sacrifices his own happiness in favor of something that he thinks nobler, he is apt to remain envious of those who enjoy a lesser degree of nobility, and this envy will, all too often, make those who think themselves saints cruel and destructive. In our day the most important examples of this mentality are the Communists.
(掲載日:2015.02.23/更新日:)