ジョウゼフ・コンラッドとの出会い


 私は,1913年9月,我々の共通の友達であるオットリン・モレル夫人(1873-1938:ラッセルの愛人として有名)によって,ジョウゼフ・コンラッド(Joseph Conrad, 1857-1924, 英国の小説家。南ポーランドの出身で,船員生活をへて英国に帰化。海洋小説で有名。)と知り合った。私は,長い間彼の著書の熱烈な愛読者であったが,紹介がなければ,進んで知り合いになろうと試みることはなかったであろう。私はケント州のアッシュフォードの近くにある彼の家へ,幾分不安げな期待をもって,訪ねていった。(彼と会っての)第一印象は驚くべきものであった。彼は英語をとても強い外国のアクセントで話し,その物腰には海を暗示させるようなものはまったくなかった。彼はどこからどこまで・貴族的なポーランド紳士であった。彼の海に対する,また英国に対する感情は,ロマンチックな愛情-ー(即ち)ロマンを汚さないままにするのに十分な,ある一定の距離を保った愛情であった。彼の海への愛は早くから始まり,両親に船員として暮らしたいと言った時,両親は彼にオーストリア海軍へ入ることを勧めたが,彼は冒険や熱帯の海や鬱蒼とした森(ジャングル)に囲まれた不思議な河を望んだ。そうして,オーストリア海軍はそういった望みをかなえるものをまったく提供しなかった。家族は彼が英国商人の商船隊に入ろうとしているのを知ってぞっとしたが,彼の決意は揺るがなかった。彼は,誰でも彼の著書から読みとれるように厳格なモラリストであり,政治的には革命(注:1917年のロシア革命前夜であることに注意)に共感を抱いていなかった。彼と私は多くの意見において決して一致することはなかったが,ごく根本的なところで(注:人間観や価値観において)驚くほど一致していた
ジョウゼフ・コンラッドとの関係は,私のそれまで持ったいかなる関係とも異なっていた。彼とはめったに合わず,長い年月にわたって会わなかった。仕事(注:outwork 勤務による仕事ではなく,職場外=主として自宅での仕事のこと)では,お互いほとんど関係なかったが,人生や人間の運命に関しては,ある一定の見方を共有し,ごく始めの頃から強い絆ができた。我々が知りあってからすぐに彼が書いてよこした手紙から一文を引用することを,恐らく,彼は許してくれるであろう。(しかし)自慢話になってはいけないので(modesty forbids),私が彼について感じたことをとても精確にその一文は表現しているという事実(を示す)以外,引用してはならないと,私は感じる。彼が表現し,私も同様に感じたことを彼の言葉で示せば,次のとおりである。

「あなたが私ともう二度と会わず,私の存在を明日忘れようとも,変わることなく死ぬまで[usque ad finem = (ラテン語で)最後まで/死ぬまで],私(の心)はあなたとともにあることでしょう」。

I made the acquaintance of Joseph Conrad in September 1913, through our common friend Lady Ottoline Morrell. I had been for many years an admirer of his books, but should not have ventured to seek acquaintance without an introduction, I traveled down to his house near Ashford in Kent in a state of somewhat anxious expectation. My first impression was one of surprise. He spoke English with a very strong foreign accent, and nothing in his demeanor in any way suggested the sea. He was an aristocratic Polish gentleman to his finger tips. His feeling for the sea, and for England, was one of romantic love — love from a certain distance, sufficient to leave the romance untarnished. His love for the sea began at a very early age. When he told his parents that he wished for a career as a sailor, they urged him to go into the Austrian navy, but he wanted adventure and tropical seas and strange rivers surrounded by dark forests; and the Austrian navy offered him no scope for these desires. His family were horrified at his seeking a career in the English merchant marine, but his determination was inflexible. He was, as anyone may see from his books, a very rigid moralist and politically far from sympathetic with revolutionaries. He and I were in most of our opinions by no means in agreement, but in something very fundamental we were extraordinarily at one.
My relation to Joseph Conrad was unlike any other that I have ever had. I saw him seldom, and not over a long period of years. In the outworks of our lives, we were almost strangers, but we shared a certain outlook on human life and human destiny, which, from the very first, made a bond of extreme strength. I may perhaps be pardoned for quoting a sentence from a letter that he wrote to me very soon after we had become acquainted. I should feel that modesty forbids the quotation except for the fact that it expresses so exactly what I felt about him. What he expressed and I equally felt was, in his words, “A deep admiring affection which, if you were never to see me again and forgot my existence tomorrow, would be unalterably yours usque ad finem”
出典: Joseph Conrad, 1953.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1040_CONRAD-010.HTM

<寸言>
コンラッドの名著(小説なので,名作)に『闇の奥』がある。ラッセルが最も気に入っている小説であるが、これは有名な映画「地獄の黙示録」の原作である。舞台こそ、アフリカではなくベトナム(戦争)に移しているが、モチーフは同じである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です