労働党を支持して贅沢に暮らす英国王の愛人(レディ・ウォーリック)


この後,第一次世界大戦が終るまで,彼(H. G. ウェルズ)とはあまり会わなかった。ドイツとの戦争に関する(彼の)以前の態度にもかかわらず,彼は,1914年(注:第一次世界大戦勃発直前)にはとても好戦的になった。彼は”戦争をやめるための戦争“についての標語を創案した。「プロシヤの軍国主義に反対するこの戦争を熱烈に支持する!」(注:これが標語の一部と思われます。)と,彼は言った。第一次世界大戦のごく初期の頃,ウェルズは、ブロシヤの全軍事機構は,リエージュ(注:Liege ベルギー東部ワロン地域のリエージュ州にある工業都市)の防御の前に無力になると述べたが,そのリエージュはその1日後あるいは2日後に(ドイツによって)陥落した。シドニー・ウェッブは,ドイツとの戦争についてはウェルズと同じ意見であったが,一つにはウェルズに対する道徳的な不承認のために,一つにはウェルズがウェッブからフェビアン協会の指導権を勝ち取るために綿密な運動をしたことによって,彼と親しくするのをやめてしまっていた。ウェルズのウェッブ夫妻に対する敵意は(ウェルズの)いくつかの小説に表現されており,決してやわらげらることはなかった。

 第一次大戦終了後,私とウェルズの関係は,再び,より親密になった。私は彼の『世界史概観』(Outline of History),特にその始めの部分,を賞賛し,非常に多くの問題について彼の意見に同意した。彼は大量の資料をまとめる(体系づける)計り知れない精力と能力をもっていた。そしてまた,きわめて陽気で愉快な話し手であった。彼の物の見方は生き生きしており(His eyes were very bright),議論において,彼は対談相手に個人的な関心を持つよりも,主題(対談のテーマ)に非個人的な興味・関心を抱いているのが感じられた。私は週末によくエセックスの彼の家を訪ねたが,そこでは,日曜の午後には,彼は(彼の家に)集まった一行を連れて,隣人のレディ・ウォーリック(注:F.E.”Daisy” Greville, Countess of Warwick, 1861-1938: Albert Edward, Prince of Wales,後の エドワード七世の愛人)を訪ねるが常であった。レディ・ウォーリックは,労働党の活発な支持者であり,彼女(所有)の大庭園には,エドワード七世から与えられた巨大な緑の磁器製の蛙で囲まれた人口池(注:lake といっても湖にあらず)があった。この彼女の個性の両面(注:労働党の支持者であるとともに貴族的であること)に合わせて会話することは,少し難しかった

After this I did not see much of him until the First World War had ended. In spite of his previous attitude about war with Germany, he became exceedingly bellicose in 1914. He invented the phrase about “a war to end war.” He said that he was “enthusiastic for this war against Prussian militarism.” In the very first days, he stated that the whole Prussian military machine was paralyzed before the defenses of Liege which fell a day or two later. Sidney Webb, although he agreed with Wells about the war, had ceased to be on good terms with him, partly from moral disapproval, partly because Wells undertook an elaborate campaign to win from Webb the leadership of the Fabian Society. Wells’s hostility to the Webbs was expressed in several novels, and was never appeased.
After the end of the first war, my relations with Wells became again more friendly. I admired his Outline of History, especially its earlier parts, and found myself in agreement with his opinions on a great many subjects. He had immense energy and a capacity to organize great masses of material. He was also a very vivacious and amusing talker. His eyes were very bright, and in an argument one felt that he was taking an impersonal interest in the subject rather than a personal interest in his interlocutor. I used to visit him at weekends at his house in Essex where, on Sunday afternoons, he would take his house party to visit his neighbor Lady Warwick. She was an active supporter of the Labor Party, and her park contained a lake surrounded by huge green porcelain frogs given her by Edward VII. It was a little difficult to adapt one’s conversation to both these aspects of her personality.
出典: H. G. Wells, 1953.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1037_WELLS-040.HTM

<寸言>
人間にはいろいろな側面があり、言行不一致がみられるのも珍しいことではない,ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です