「偶像破壊者」としてはすぐれていたが・・・


 バーナード・ショー論争家として彼の才能を最も発揮した(最も優れていた)。彼の論敵に何か愚かなことあるいは不誠実なことがあれば,的確に(間違うことなく)それをつかみ,論争で彼の側(味方)に立つすべての人々を喜ばしたものである。第一次大戦の始めに,彼は『戦争の常識』を出版した。彼は平和主義者として書いたわけではかなかったけれど,政府(英国政府)とその追従者の偽善的な高い道徳的調子に黙従することを拒否し,多くの愛国的な人たちを激怒させた彼はこの種の面では全く賞讃に値したが,ついにはソビエト政府への追従の犠牲者となり,突然批判力を失い,また,モスクワからきた場合にはその虚偽を見抜くカを失った論争においては彼は優れていたが,彼が自分自身の意見を展開する段になると,論争の時と較べれば遠くおよばず(ずっと見劣りし),いくらか無秩序なものであり、ついには,晩年においては,体系的マルクス主義に黙従するまでになった。ショーは賞賛すべき多くの特質をもっていた。彼はまったく恐れを知らなかった。自分の意見が受けのよいものであろうがなかろうが,同じ気力で表現した。彼は慈悲に値しない人たちには無慈悲であった(容赦なかった)が,時には彼の餌食に値しない人たちにも無慈悲であった。総じて言えば,彼は多くの善いことをしたが,幾分の害を与えたと言ってもよいだろう。偶像破壊者としては彼は賞賛すべきであったが,一人の偶像としては偶像破壊者ほど賞賛すべき人物ではなかった

Shaw was at his best as a controversialist. If there was anything silly or anything insincere about his opponent, Shaw would seize on it unerringly to the delight of all those who were on his side in the controversy. At the beginning of the First World War he published his Common Sense about the War. Although he did not write as a Pacifist, he infuriated most patriotic people by refusing to acquiesce in the hypocritical high moral tone of the Government and its followers. He was entirely praiseworthy in this sort of way, until he fell a victim to adulation of the Soviet Government and suddenly lost the power of criticism and of seeing through humbug if it came from Moscow. Excellent as he was in controversy, he was not nearly so good when it came to setting forth his own opinions, which were somewhat chaotic until in his last years he acquiesced in systematic Marxism. Shaw had many qualities which deserve great admiration. He was completely fearless. He expressed his opinions with equal vigor whether they were popular or unpopular. He was merciless toward those who deserve no mercy but sometimes, also, to those who did not deserve to be his victims. In sum, one may say that he did much good and some harm. As an iconoclast he was admirable, but as an icon rather less so.
出典: Bernard Shaw, 1953.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1036_GBS-070.HTM

<寸言>
よくあること。不正や偽善を摘発・攻撃するときは素晴らしく見えても,守りの立場になると,あっという間になさけない姿を見せる者(特に政治家)は多い。
小池百合子東京都知事も都議会で与党だった自民党を「もっと情報公開すべきだ」と攻撃していた時は多くの者が共感していたが、自分たちが与党になるとあっという間に情報公開に後ろ向きになってしまった。与党「都民ファーストの会」所属議員に緘口令をひくなどというのは裏切り行為(言っていることとやっていることが真逆)と言わざるをえない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です