量子力学(特に不確定性原理)に飛びついたキリスト教擁護者・神学者

 自然法則に対抗するこの反応の影響のもとに,キリスト教の弁解者(注:apolotist :弁解者,弁証者,擁護者)のなかには,最新の原子論(注:量子力学,特に不確定性原理のこと)に飛びついた者もいた。この学説は,我々がこれまで信じてきた物理法則は,多数の原子(の集合)に適用される近似的かつ平均値の真理であるにすぎず,また,一方,(それらの集合のなかの)個々の電子は好き勝手に行動している(注:法則に支配されていないように見える)ことを示す傾向がある。私自身が信じているのは,これは一時的な局面にすぎず,物理学者は,-それらの法則は,伝統的な物理学とは異なるであろうが- いずれ微小な現象を支配する法則を発見するであろう(注:自然界における「4つの力(=電磁相互作用,弱い相互作用,強い相互作用,重力)」を統一する理論=大統一場理論の発見に対する期待。アインシュタインが試みてできなかったこと)。それはともかく,微小な現象(極微の世界における現象)に関する現代の(種々の)学説は,実際的な重要性のあることとは,まったく関係を持っていない,ということは注視に値する。目に見える運動,実際に誰に対しても何か差異を生じさせるようなあらゆる運動は,十分(首尾よく),旧い(物理)法則の範囲内にはいるところの多数の原子(の集合)に関係している(のである)。(前の例示にもどることとして)詩を書いたり,あるいは,殺人を犯したりするためには,相当量のインク,あるいは,鉛の弾丸を運動させる必要がある。インクを構成する電子は,自分たちの小さな舞踏場を自由に踊り回っているかもしれないが,舞踏場全体としては,物理学の旧い法則によって動いているのであり,このことだけが,詩人と彼の本を出す出版社とに関係しているのである。それゆえ,現代の(物理)学説は,神学者が関心を持っている人間の利益の諸問題に対しては,とりあげるに値するような関係はまったくないのである。

Under the influence of this reaction against natural law, some Christian apologists have seized upon the latest doctrines of the atom, which tend to show that the physical laws in which we have hitherto believed have only an approximate and average truth as applied to large numbers of atoms, while the individual electron behaves pretty much as it likes. My own belief is that this is a temporary phase, and that the physicists will in time discover laws governing minute phenomena, although these laws may differ considerably from those of traditional physics. However that may be, it is worth while to observe that the modern doctrines as to minute phenomena have no bearing upon anything that is of practical importance. Visible motions, and indeed all motions that make any difference to anybody, involve such large numbers of atoms that they come well within the scope of the old laws. To write a poem or commit a murder (reverting to our previous illustration), it is necessary to move an appreciable mass of ink or lead. The electrons composing the ink may be dancing freely around their little ballroom, but the ballroom as a whole is moving according to the old laws of physics, and this alone is what concerns the poet and his publisher. The modern doctrines, therefore, have no appreciable bearing upon any of those problems of human interest with which the theologian is concerned.
出典:Has Religion Made Useful Contributions to Civilization? 1930
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0466HRMUC-120.HTM

<寸言>
現代の先端科学と宗教との整合性や親和性を何とか確保しようとする無益な努力。科学は真理の探求であり,人間の欲望とは無関係なもの。