R徒然草2013年1月 - バートランド・ラッセルのポータルサイト

(トップページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


[ラッセル徒然草(2013年

★「ラッセル徒然草」では、(あくまでもラッセルに関したものという限定のもと)ラッセルに関するちょっとした情報提供や本ホームページ上のコンテンツの紹介、ラッセルに関するメモや備忘録(これは他人に読んでもらうことを余り意識しないもの)など、短い文章を、気が向くまま、日記風に綴っていきます。 m
 ↑(最新の日付のものがいつも先頭です!)
[索 引]

2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2015年 2015年 

[n0080:2013.08.08(木) ラッセルのポータルサイト,本日から18年目に!]

 バートランド・ラッセルのポータルサイト(ホームページ)は,1996年8月8日の開設ですので,本日から18年目に突入したことになります。記念のコンテンツはないかと,本日は夏休みをとり,久しぶりに国立国会図書館に調査にいってきました。

 国会図書館(東京本館)は大きく本館(旧館)と新館にわかれています(他に,関西に大型の分館があります)。多数の検索用端末が置いてある検索コーナーは本館にも分館にもありますが,新館のほうが静かでゆったりしている(しかも質問にやさしく答えてくれる相談員の若い女性もいる)ので,新館検索コーナーを調査の基点(基地)としました。
 本日は,ずっと気になっていた資料の調査を少ししました。

 ひとつは,林静太(訳)のラッセル『科学と倫理学-バートランド・ラッセルの近業から』,もう一つは,岡田征弘『バートランド・ラッセル「記述理論」への道』の内容の確認です。
[ついでに,大学の語学教材用として出されたラッセルのテキスト(The Corsican Ordeal of Miss X, by B. Russell : コルシカ島におけるX嬢の冒険=ラッセル作の小説のひとつ)の現物確認。]

 前者は,ラッセルの Religion and Science (1935)の第9章「科学と倫理学」のみの翻訳(『山陽新報』に連載)であることがわかり,少しがっかりしました。しかし,原著が出た翌年の昭和11年(1936年)11月に岡山で出されており,当時の時代背景を考えるとそれなりの意義があると思いました。訳者のまえがき(はしがき)を掲載しておきましたので,関心のある方はお読みください。(なお,国会図書館所蔵本の奥付には林静太氏の個人出版と書かれていましたが,Google ebooks では「百鱗舎, 1936 61pp」となっており,もしかすると国会図書館に納本されたもの以外に公刊本があったのかもしれません。」)

 もうひとつの岡田氏の著作の概要は以下のとおりです。中身は濃そうですが,読んでいる時間がなかったので,とりあえずデジカメで目次(p.1, p.2, p.3, p.4)の写真をとりました。興味のある方は国会図書館でご覧ください(私家版らしいので国会図書館ぐらいしか所蔵してないと思われます)。
岡田征弘(述)『バートランド・ラッセル「記述理論」への道』
 (私家版,2008年8月刊.  B5版(簡易製本);189pp.(数理哲学へのきっかけ論集3)
* 岡田征弘氏は,科学基礎論学会会員。本書は科学基礎論学会で配布されたものか?


[n.0079:2013.01.01(日) 平成25年元旦:新年ご挨拶]

 新年あけましておめでとうございます

の画像
enlarge(拡大する!)
 昨年は、5月21日にインフォシーク(楽天の子会社)の ホームページ用スペース提供サービス(cool online)が終了したことに伴い、ずっとその対応(リンク先などのHTMLの修正ほか)に追われました。約4500にのぼるコンテンツ(ミラーサイトを含めれば約6,000)のHTMLを修正する作業に努力してきましたが、量的にはまだ半分以上残っているのではないかと思われます。

 今年は、以下の3つを中心に、引き続きラッセルのポータルサイト(ホームページ)の充実に努めていきたいと考えています。
  1. 『ラッセルの言葉366』の編集及び電子出版
    (ISBNを購入すればアマゾンで電子出版(自費出版)できることになっています。「ラッセルの言葉」のスマホ版も作成してアップロードしたいと思っています。)
  2. 松下彰良(編)『バートランド・ラッセル書誌(電子版)』の改訂増補作業
  3. ラッセルのポータルサイトの全てのコンテンツのHTMLの修正を完了させること
 本年も、ラッセルのポータルサイトをよろしくお願い致します。