退屈の本質的要素 the essentials of boredom

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c223】

退屈の本質的要素の一つは,現在の状況と,想像せずにはいられない他のもっと快適な状況とを対比することにある。また,自分の能力を十分に発揮できない(状態にある)ということも,退屈の本質的要素の一つである。命を奪おうとしている敵から逃げ去るのは,さぞかし不愉快だろうが,退屈でないことは確かだろうと思う。自分が処刑されようとしているときには,ほとんど超人的な勇気がある場合は別として,退屈を感じないだろう。同様に,だれ一人として,上院で処女演説中にあくびをしたものはいない。ただし,今は亡きデヴォンシャー公爵だけは例外であり,その結果,英国貴族たちから尊敬されることになった。退屈’は,本質的には,事件を望む気持ちのくじかれた状態をいい,事件は必ずしも愉快なものでなくてもよく,’倦怠の犠牲者’にとっては,今日と昨日を区別してくれるような事件であればよい。
DOKUSH22
One of the essentials of boredom consists in the contrast between present circumstances and some other more agreeable circumstances which force themselves irresistibly upon the imagination. It is also one of the essentials of boredom that one’s faculties must not be fully occupied. Running away from enemies who are trying to take one’s life is, I imagine, unpleasant, but certainly not boring. A man would not feel bored while he was being executed, unless he had almost superhuman courage. In like manner no one has ever yawned during his maiden speech in the House of Lords, with the exception of the late Duke of Devonshire, who was reverenced by their Lordships in consequence. Boredom is essentially a thwarted desire for events, not necessarily pleasant ones, but just occurrences such as will enable the victim of ennui to know one day from another.
出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap.4:Boredom and excitement.
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA14-010.HTM#r366-c223

恋は盲目 Love is blind

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c222】

ほめられる価値があってもなくても,身近に必ずほめてくれる人がいることは,非常にうれしいことである。(恋愛中など)

It is very pleasant to have someone at hand who is sure to praise your work, whether it deserves it or not.
 出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap.2: Byronic unhappiness
 詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA12-050.HTM#r366-c222

現実直視より相互殺戮の方が怖くない mutual extermination

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c221】

戦争を回避するための(組織的な)方法を発見することは,我々の文明にとって必須である。しかし,人びとが不幸なあまりに,日中(の光)のまぶしさを耐え続けるよりも(現実を直視し耐え続けるより),’相互殺戮’のほうが恐ろしくないと思われるうちは,戦争を回避するための(組織的な)方法を発見する機会はない。

To discover a system for the avoidance of war is a vital need for our civilisation; but no such system has a chance while men are so unhappy that mutual extermination seems to them less dreadful than continued endurance of the light of day.
出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap.1:What makes people unhappy?
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA11-020.HTM#r366-c221
DOKUSH25
(Illustration from: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

大衆ヒステリアとジャーナリスト Mass hysteria

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c220】

大衆ヒステリアは,人間だけに限られていない現象である。それはいかなる群居性の種族にも見られるであろう。わたくしはかつて中央アフリカの野生の象の大群が,はじめて飛行機を見て,みな激しい集団的恐慌の状態におちいっている写真をみたことがある。象はたいがいの場合,落ち着いた賢い動物である。しかしこの前古未曽有の,騒々しい未知の空の動物という現象は,群れ全体を完全にあわてさせたのである。すべての象はそれぞれ,みな恐怖にとらえられた。そして一匹一匹の恐怖は他の象に伝わり,ひどく増大した恐慌を引き
起こした。しかしながら,彼らのなかにはジャーナリストはいなかったので,その恐怖は飛行機が見えなくなったとき消滅した。

Mass hysteria is a phenomenon not confined to human beings; it may be seen in any gregarious species. I once saw a photograph of a large herd of wild elephants in Central Africa Seeing an airplane for the first time, and all in a state of wild collective terror. The elephant, at most times, is calm and sagacious beast, but this unprecedented phenomenon of a noisy, unknown animal in the sky, had thrown the whole herd completely off its balance. Each separate animal was terrifies, and its terror communicated itself to the others, creating a vast multiplication of panic. As, however, there were no journalists among them, the terror died down when the airplane was out of sight.
出典: To Face Danger without Hysteria .p7.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/KAMI-43.HTM#r366-c220
OBJECTIV
(Illustration from: Bertrand Russell’s The Good Citizen’S Alphabet, 1953)

虫(or小鳥)は殺さないが敵の外国人は平気で殺す Vegetarians

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c219】

これらの人たちよりももっと面倒な人間は,菜食主義者(ベジタリアン)である。菜食主義者は,蠅一匹(虫一匹)殺さないおだやかで礼儀正しい人間だという通俗的な観念がある。多分菜食主義者は,蠅一匹(虫一匹)殺さないであろう。これに関しては私ははっきり言えないが,彼らが蝿(虫)に示す思いやりを,人間にまでは及ぼさないことは確かである。菜食(肉を食べないこと)を支持する最大の根拠は,たぶん,菜食は菜食を実行する人間に活力と喧嘩早い性質を植え付ける,という点であろう。

More troublesome than any of these is the vegetarian. There is a popular notion that vegetarians are mild and gentle folk who would not hurt a fly. Perhaps they would not hurt a fly. As to this, I cannot speak, but their charity towards flies certainly does not extend to human beings. Perhaps the most powerful argument in favour of a vegetarian diet is the vigour and pugnacity which it gives to those
who practise it.
出典:On the fierceness of vegetarians, written in Apr. 13th, 1932 and pub. in] Mortals and Others, v.1, 1975.]
詳細情報:http://russell-j.com/VEGETABL.HTM#r366-c219
(From Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953.)
CHRISTIA

自分が知的であったずっと昔のこと・・・ his intellectual past

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c218】

・・、(私が載ったタクシーの)運転手は、私の講演を以前聴いたことがあるがそれは自分が知的であった過去のことだと言い、「今じゃ結婚して、ただの人間になってしまいましたよ(’主体的な人間’であることをやめてしまいましたよ)」と付け加えた。
この話は’結婚生活’の一つの痛ましい結果のように思えたので、私は色々考えさせられた。人格の完成であるべき結婚が、どうしてまったく正反対のものとして感じられるのか。自分の結婚が不幸なものであることを示すものがない。そこでこの運転手は、結婚そのものがこの悲惨な結果をもらしたと考える。私自身そのような結婚の結果を経験したことがないが、このタクシー運転手は、多くの人たちの結婚についての考え方を代弁していることを私は理解している。
He then went on to say that in former days he had heard me lecture, but that belonged to his intellectual past. ‘Now,’ he continued, ‘I am a married man and have ceased to be a person.’
This seemed a painful result of matrimony and naturally set me reflecting. Why should marriage, which ought to be the fulfilment of personality, be felt as quite the opposite? There was no suggestion that his marriage was unhappy; it was to marriage as such that he attributed this dire result. I never myself experienced any such
result of being married, but I know that the taxi driver was putting into words what a great many people feel.
出典:Marriage, Nov. 13, 1931. Mortals and Others, v.1 (1975)
詳細情報: http://russell-j.com/MARRIAGE.HTM#r366-c218
Taxi

偉大な本と偉大な人生? Great books

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c217】

 偉大な本は全て退屈な部分を含んでおり,偉大な生涯(人生)は(これまで)全て退屈な期間を含んでいた。現代のアメリカの出版業者が,’初めて提出された原稿とし’旧約聖書と向かい合っている場面を想像してみるとよい。たとえば,家系(図)について(述べている箇所について)彼がどのようなコメントをするか想像することは困難ではない。

「ねえ君,この章はパットしないね。ほとんど説明なしにただ人名(固有名詞)だけ並べても,読者に興味をもたせることは期待できないよ。確かに,出だし の部分は,文体もなかなかよいことは認めますよ。私も最初はかなり良い印象 を持ったけど,でも全体として,何もかも語りたいという気持ちが強すぎるよ.さわりの部分を抜き出し,余分な部分をとって,適当な長さに縮めたら,また原稿を持ってきてください。」

All great books contain boring portions, and all great lives have
contained uninteresting stretches. Imagine a modern American publisher
confronted with the Old Testament as a new manuscript submitted to him
for the first time. It is not difficult to think what his comments
would be, for example, on the genealogies.
‘My dear sir,’ he would say, ‘this chapter lacks pep; you can’t expect
your reader to be interested in a mere string of proper names of
persons about whom you tell him so little. You have begun your story,
I will admit, in fine style, and at first I was very favourably
impressed, but you have altogether too much wish to tell it all.
Pick out the highlights, take out the superfluous matter, and bring
me back your manuscript when you have reduced it to a reasonable
length.’
 出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap.4:Boredom and excitement
 詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA14-050.HTM#r366-c217

空っぽな自分 two sausage machines

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c216】

昔々あるところに、ブタをこれ以上ないほど美味しいソーセージに変えるために精巧に組み立てられた、2台の’ソーセージ製造機’がありました。そのうちの1台は、’ブタヘの熱意’を持ち続け、無数のソーセージを製造しました。もう一台の製造機は、こう言いました。「私にとって、ブタがなんだっていうんだ。私の’仕掛け’のほうが、いかなるブタよりもずっと興味深いし、すばらしい。」 彼はブタの受け入れを拒否し、自分の内部の研究をするための仕事にとりかかりました。自然の食物を失うと、彼の内部は機能しなくなり、研究すればするほど、自分の内部は空虚でおろかであると思われるようになりました。(すると)それまで(ブタをおいしいソーセージに)素晴らしい変換を行ってきた精巧な装置はすべて、止まってしまい、自分はいったい何ができるのかと思い、彼は途方にくれてしまいました。
出典:The Conquest of Happiness, chap. 11: Zest
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA22-020.HTM#r366-c216

There were once upon a time two sausage machines, exquisitely constructed for the purpose of turning pig into the most delicious sausages. One of these retained his zest for pig and produced sausages innumerable; the other said: ‘What is pig to me? My own works are far more interesting and wonderful than any pig.’ He refused pig and set to work to study his inside. When bereft of its natural food, his inside ceased to function, and the more he studied it, the more empty and foolish it seemed to him to be. All the exquisite apparatus by which the delicious transformation had hitherto been made stood still, and he was at a loss to guess what it was capable of doing.
Pig_roast

科学者が果たすべき役割のない領域 regions where scientists have no functions to perform

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c215】

 芸術家や文学者は、結婚生活が不幸であることが職業柄必要(礼儀上必要)だと考えているが、科学者はしばしば、いまだに’古風な家庭生活の幸福’が可能である。その理由は、彼ら科学者の知性の高級な部分はすべて仕事に吸収されてしまっており、彼らが果たすべき役割のない領域に踏みこむことは許されないからである。

Artists and literary men consider it de rigueur to be unhappy in their marriages, but men of science quite frequently remain capable of old-fashioned domestic bliss. The reason for this is that the higher parts of their intelligence are wholly absorbed by their work, and are not allowed to intrude into regions where they have no functions to perform.
* de rigueur 礼式上必要で
 出典:The Conquest of Happiness, chap. 10: Is Happiness Still Possible ?
 詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA21-020.HTM#r366-c215

単純な感性の科学者は幸福を感じやすい the happiest men

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c214】

 高度な教育を受けた社会構成員のなかで,今日最も幸福なのは,科学者である。科学者のなかで最も著名な人たちの大部分は,情緒的には単純で,従事している仕事から深い満足を得ているので,食べることから,また結婚からさえ,快楽を得ることができるほどである(半分冗談ですよ)。
Of the more highly educated sections of the community, the happiest in the present day are the men of science. Many of the most eminent of them are emotionally simple, and obtain from their work a satisfaction so profound that they can derive pleasure from eating and even marrying.
 出典:The Conquest of Happiness, chap. 10: Is happiness still posible?
 詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA21-020.HTM#r366-c214