男に都合の良い「知能の基準(尺度)」 a standard of intelligence

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c163】

男性は知能の基準(尺度)を決めたが,彼らはそれを本能的に男性に都合の良いように定めてきた。即ち,男たちは,人間の価値を大幅に無視する機械文明を創造した。女性は,もし自由にさせていたら,決して機械を発明しなかっただろうと私は思う。しかし女性が,人類の文明全体に対して自由に貢献できる立場にあったならば,女性は人間の生活の中の価値ある部分を保持することを忘れなかったであろうし,男性のように機械を発明する才能を盲目的に崇拝することによって,道を誤まるようなことはなかったであろう。
Men have set a standard of intelligence and have instinctively set it to suit themselves; they have created a mechanical civilisation which largely ignores human values. Women left to themselves would, I believe, never have invented machines. But if they had been able freely to contribute to the sum total of civilisation, they would not have forgotten to preserve what is valuable in human life and would not have been led astray, as men have been, by a blind worship of mechanical ingenuity.
出典:On mental differences between boys and girls、Apr. 6, 1932. In: Mortal and Others, v.1 (1975)
差異」
詳細情報: http://russell-j.com/BOY-GAL.HTM#r366-c163
KIHIRA-E