めざめ At fifteen, I began to have sexual passions

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c104】

15歳の時,ほとんどがまんができないほどの強烈な性欲(性的感情)を感じ始めた。意識を集中する努力をしながら,勉強のため机の前に座っている間,絶えずペニスの勃起によって悩まされ,そうして自慰の習慣に陥入った。けれども,いつも過度になることはなかった。私は,自慰の習慣を大変恥ずかしく思い,やめようと努力した。その努力にもかかわらず,20歳の年になるまで,この習慣をやめようとはしなかった。20歳になって突然その習慣は消えたが,それは恋愛をしたからである。
At fifteen, I began to have sexual passions, of almost intolerable intensity. While I was sitting at work, endeavouring to concentrate, I would be continually distracted by erections, and I fell into the practice of masturbating, in which, however, I always remained moderate. I was much ashamed of this practice, and endeavoured to discontinue it. I persisted in it, nevertheless, until the age of twenty, when I dropped it suddenly because I was in love.
[From: The Autobiography of Bertrand Russell, v.1, chap. 2, 1967]
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB12-030.HTM#r366-c104
TP-ABR

夫婦間の倦怠感の予防 a certain amount of social separateness of husband and wife

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c103-2】

また,夫婦間に倦怠感が生まれたり,共通の話題がなくなったりすべきでないとしたら,夫婦間にはある程度の’社会的距離’が必要である。もっともこの点に関しては,以前よりましな夫婦間の慣習が急速に広まりつつある。
… and a certain amount of social separateness of husband and wife is necessary if they are not to become dull and incapable of finding anything to say to each other. In this respect, however, a better convention is rapidly spreading.
From: Mortals and Others; Bertrand Russell’s American Essays, 1931-1935, v.1, 1975.
詳細情報: http://russell-j.com/MARRIAGE.HTM#r366-c103-2
TP-MO

他 人の快楽に反対すること to object to other people’s pleasures

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c103】

 多くの夫婦は,自分の’連れ合い’が望んでいる快楽への’妬み’から,自分の快楽の充足を差し控える。自分の快楽を多少利己的に追求することよりも,他人の快楽に反対することの方がはるかに良くない。
Many husbands and many wives will forgo their own pleasures out of jealousy of the pleasures that they imagine their partners as desiring. It is much more harmful to object to other people’s pleasures than it is to be a trifle selfish in pursuing one’s own.
出典:Marriage, in Mortals and Others; Bertrand Russell’s American Essays, v.1, 1975.
 詳細情報: http://russell-j.com/MARRIAGE.HTM#r366-c103

ドン・ファン・タイプの男 the Don Juan type 

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c102】

けれども,世の中には,女を憎むもっと複雑な別のタイプの男がいる。それは,ドンファン・タイプの男である。彼は絶えず女性の中に理想(像)を追い求め,失敗し,相手の女に欠点を見つけるやいなや,その傷ついた偶像を捨ててしまう。正直に言って,私はこのタイプの男に我慢がならない。
There is, however, another type of woman hater, rather more complex; this is the Don Juan type, who is perpetually seeking his ideal in woman, failing to find it, and abandoning the flawed idol as soon as he perceives the flaw. I confess I have little patience with this type.
[From: Our woman haters (written in May 25, 1932 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.]
詳細情報: http://russell-j.com/HATE-W.HTM#r366-c102
SITTO

情熱的な恋愛 To give due place to passionate love

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c101-4】

幸福な,相互的な愛という,深い親密さと強い交わりを経験したことのない人びとは,人生が提供する最上のものを失ったことになる。彼らは,意識的ではないにせよ,無意識的にこのことを感じており,その結果生じる失望のために,ねたみや抑圧や残虐に傾いていく。したがって,情熱的な恋愛に正当な位置をあたえることは,社会学者にかかわる問題であるはずである。
Those who have never known the deep intimacy and the intense companionship of happy mutual love have missed the best thing that life has to give; unconsciously, if not consciously, they feel this, and the resulting disappointment inclines them towards envy, oppression and cruelty. To give due
place to passionate love should be therefore a matter which concerns the sociologist.
From: Marriage and Morals, 1929, chap.9: The Place of Love in Human Life.
詳細情報: http://russell-j.com/cool/27T-0901.HTM#r366-c101-4
DOKUSH24

自我の固い壁 the hard walls of the ego

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c101-3】

相互の情熱的な愛は,自我の堅い壁を打ち壊し,二人が一つに解けあった新しい存在(人格)を生み出す。自然は,人間を孤独で生きるものとして構成しなかった。人間は,もう一人(ここでは異性)の援助者なしには,自然の生物学的な目的を果たすことができないからである。また,文明人は,愛なしには,自分の性本能を完全に満足させることはできない。肉体的であるだけでなく同程度に精神的に,人間の全存在が男女の関係の中に入っていかないかぎり,この本能は完全には満足されないのである。
Passionate mutual love breaks down the hard walls of the ego, producing a new being composed of two in one. Nature did not construct human beings to stand alone, since they cannot fulfil her biological purpose except with the help of another; and civilised people cannot fully satisfy their sexual instinct without love. The instinct is not completely satisfied unless a man’s whole being, mental quite as much as physical, enters into the relation.
From: Marriage and Morals, 1929, chap.9: The Place of Love in Human Life.
詳細情報: http://russell-j.com/cool/27T-0901.HTM#r366-c101-3

根深い恐怖心 a deep-seated fear

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c101-2】

大部分の人には,冷たい世間や,起こりうる群衆の残虐さに対する根深い恐怖(心)がある。(また)愛情への憧れがある。それは,男性の場合には,しばしば,粗暴,粗野(がさつさ),またはいばり散らす(弱いものいじめをする)態度に隠されており,女性の場合には,口やかましかったり,がみがみ言ったりする態度に隠されている。相互の情熱的な愛が続いているかぎり,そういう愛は,このような感情を消滅させる。
There is a deep-seated fear, in most people, of the cold world and the possible cruelty of the herd; there is a longing for affection, which is often concealed by roughness, boorishness or a bullying manner in men, and by nagging and scolding in women. Passionate mutual love while it lasts puts an end to this feeling
From: Marriage and Morals, 1929, chap.9: The Place of Love in Human Life.
詳細情報: http://russell-j.com/cool/27T-0901.HTM#r366-c101-2

恋愛 Love is the principal means of escape from the loneliness

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c101】

恋愛は,性交への欲望よりもはるかに上のもの(価値のあるもの)である。恋愛は,人間の生涯の大部分を通じて,大部分の男女が苦しんでいる孤独から逃れるための主な手段である。
Love is something far more than desire for sexual intercourse; it is the principal means of escape from the loneliness which afflicts most men and women throughout the greater part of their lives.
From: Marriage and Morals, 1929, chap.9: The Place of Love in Human Life.
詳細情報: http://russell-j.com/cool/27T-0901.HTM

新郎新婦の誓い bride and bridegroom

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c100】

結婚に際して新郎新婦は,今後末永く互いに愛しあうことが「義務」だと教えられるが,所詮愛情は一つの情緒であって,意志の働きに服する余地はなく,従って,義務の部類には入りえない。思慮深い振舞いは,義務に属すると言えても,愛は天与の資質である。この感情が消滅する時,それを喪失した人を憐れむのはよいが,非難することは筋違いである。
In marrying, bride and bridegroom are informed that it will henceforth be their ‘duty’ to love one another, although, since love is an emotion, it is not subject to the control of the will and therefore cannot come within the scope of duty. Considerate behaviour may be a duty, but love is a gift from heaven: when the gift is withdrawn, the one who has lost it is to be pitied, not blamed.
[From: On expected emotions (written in July 13, 1932 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.]
詳細情報: http://russell-j.com/EXPECTED.HTM#r366-c100
HOLY
(Illustration from: Bertrand Russell: The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

マザー・コンプレックスの犠牲者 a conception of a woman wholly devoted to children

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c099-2】

母親は大人の関心事を子どもには知らせないようにするから,子供は母親について,自分に献身的な愛を懐き,子ども抜きの生活は持たず,人間生活に不可欠なあの自我(エゴ)のかけらさえ持たない女性という概念を持つことになる。バイロンのように,これとはまったく反対のタイプの母親を持った人たちでさえ,文学や時代の感情から理想の母親像を引き出し,自分が母親から得られなかったものを無意識のうちに妻に求めることになる。
(The Don Juan type. while it believes itself very manly, is really the
victim of a mother complex. Children do not know their mother as a
rule at all completely -) their mothers keep their adult concerns away from the children’s notice. Children thus get a conception of a woman wholly devoted to them, having no life apart from them, destitute of that core of egoism without which life is impossible. Even those who like Byron, have mothers who are the exact opposite of all this derive from literature and current sentiment an ideal of motherhood and unconsciously desire of a wife what they have failed to obtain from a mother.
From: Our woman haters (written in May 25, 1932 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.]
詳細情報: http://russell-j.com/HATE-W.HTM#r366-c099-2
DOKUSH21