憎しみの習慣を治す to cure the habit of hatred

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c073-2

(同時に,)重要な建設的な仕事をする機会ほど,’憎しみの習慣’を治してくれそうなものは,ほとんどない。
(At the same time) few things are so likely to cure the habit of hatred as the opportunity to do constructive work of an important kind.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-040.HTM#r366-c073-2
ƒuƒ‹[Eƒvƒ‰[ƒN ƒ‰ƒbƒZƒ‹ ƒ`ƒFƒ‹ƒV[

終わりのない目的 The most satisfactory purposes

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c073

最も満足できる目的’とは,1つの成功から次の成功へと無限に導く,決して’終わりのない目的’である。
The most satisfactory purposes are those that lead on indefinitely from one success to another without ever coming to a dead end;
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-040.HTM#r366-c073

展望なき破壊行為 only destruction, without regard to any construction

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c072

(だが)人間は少なからずその後に続くべき建設を何ら顧慮しないで破壊を目的とする活動に従事することがある。しばしば人は自分は新たに建設するために古いものを一掃しているだけだと信じこもうとすることによって,このこと(破壊だけが目的であること)を自分に隠そうとする。
But not infrequently a man will engage in activities of which the purpose is destructive without regard to any construction that may come after. Frequently he will conceal this from himself by the belief that he is only sweeping away in order to build afresh, …
From:The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-040.HTM# r366-c072
RUINS
(From Bertrand Russell: The Satan in the Suburbs, and Other stories, 1953)

目的の持続性 Continuity of purpose is one of the most essential ingredients of happiness

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c071

目的の持続性ということは,長い目で見れば,幸福の最も本質的な成分(要素)の1つであるが,大部分の人びとの場合,これは主に仕事を通して得られる。
Continuity of purpose is one of the most essential ingredients of happiness in the long run, and for most men this comes chiefly through their work.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-020.HTM#r366-c071
DOKUSH28

余暇の知的な過ごし方 To be able to fill leisure intelligently

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c070-3

余暇(時間)を’知的に’使う(満たす)ことができるということは,文明の最後の成果であり,現在,このレベルに達している人はほとんどいない。
To be able to fill leisure intelligently is the last product of civilization, and at present very few people have reached this level.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-010.HTM#r366-c070-2
DOKUSH22

自由時間の過ごし方 When people are left free to fill their time, …

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c070-2

大部分の人は,自分の時間の全てを自由に好きなように使ってよいと言われると,やる価値がありかつ十分楽しいことを思いつくのに迷ってしまう。そして,どんなことをやろうと決めたとしても,何か別なことのほうがもっと楽しかったのではないか,といった思いに悩まされる。
Most people, when they are left free to fill their own time according to their own choice are at a loss to think of anything sufficiently pleasant to be worth doing. And whatever they decide on, they are troubled by the feeling that something else would have been pleasanter.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-010.HTM#r366-c070-2

定常的な仕事の利点 the advantages of work

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c070

大部分の人がしなければならない(大部分の)仕事は,それ自体面白いものではない。しかし,そういう仕事でさえも大きな利点がいくつかある。まず第一に,仕事は,何をすべきかを決める必要なしに,一日のうちのかなり多くの時間を満たしてくれる。
Most of the work that most people have to do is not in itself interesting, but even such work has certain great advantages. To begin with, it fills a good many hours of the day without the need of deciding what one shall do.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-010.HTM# r366-c070

親の愛情と支配欲  the parent’s love and desire for power

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c069-2

生まれたばかりの赤ん坊は無力なので,赤ん坊が必要とする物を与えたいという衝動がある。その衝動は,親の子供に対する愛情だけではなく,親の権力欲(支配欲)をも満足させるものである。
The new creature is helpless, and there is an impulse to supply its needs, an impulse which gratifies not only the parent’s love towards the child, but also the parent’s desire for power.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.13:The family.
http://russell-j.com/beginner/HA24-090.HTM#r366-c069
DOKUSH21

親であることの喜びの根源 The primitive root of the pleasure of parenthood

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c069

親であることの喜びの根源は,二重にある。一方では,自分自身の肉体の一部が外在化し,自分の肉体の死を越えて生命を延ばしていき,そして,おそらく,今度はその一部を同じようにして外在化し,そのようにして遺伝子の不滅が確保されるという感覚がある。
The primitive root of the pleasure of parenthood is two-fold. On the one hand there is the feeling of part of one’s own body externalised, prolonging its life beyond the death of the rest of one’s body, and possibly in its turn externalising part of itself in the same fashion, and so securing the immortality of the germ-plasm.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.13:The family.
http://russell-j.com/beginner/HA24-090.HTM#r366-c069

自分の子供であるがゆえに Our parents love us because we are their children

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c068-2

私たちはみな,自分の長所ゆえにほめられれば喜びを感じるが,大部分の人は,心底ではそういう称賛は心もとないと感じるだけの謙虚さを持っている。親が子供である私たちを愛するのは,私たちが彼らの子供であるためである。
We all feel pleasure when we are admired for our merits, but most of us are sufficiently modest at heart to feel that such admiration is precarious. Our parents love us because we are their children, and …
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.13:The family.
http://russell-j.com/beginner/HA24-070.HTM#r366-c068-2
DOKUSH21