いろいろな形態の権力を好む人間 we love power more than we love beauty


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c251】
 我々は今まで余りにも仕事に支配され続けており,肉体労働や頭脳労働の’とりこ’になっている状態からの解放手段として機械を十分に活用してこなかった。我々はその気になれば,もっと余暇が持てる。我々は皆,その気になれば子供を軍隊組織の便利な構成単位(歯車)にしてしまわないで,彼らの衝動に芸術的表現を与えることができる。そうしないのは,我々は’美’よりも’力’(権力)を愛するからである。・・・。

We have allowed ourselves to be too much dominated by work and have not sufficiently used machines as a means of liberation from the thraldom of manual and mental labour. We could, if we chose, all have more leisure. We give artistic expression to their impulses, rather than so as to be convenient units in a regiment. We do not do this because we love power more than we love beauty.
* thraldom = thralldom
出典: In praise of artificiality (written in Nov. 9, 1931 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.]
詳細情報: http://russell-j.com/ARTIFICI.HTM#r366-c251
DOKUSH34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です