バートランド・ラッセルのポータルサイト



「来日したラッセルの足跡を訪ねて(2)神戸-その2-」


 ラッセルは、上海から郵船・榮口丸に乗船し、門司経由で神戸に到着した。ラッセル自叙伝(The Autobiography of B. Russell, v.2:1914-1944)によれば、ラッセルが神戸に上陸したのは以下の理由である。

 私たちはまずはじめに、ジャパン・クロニクル紙編集長のロバート・ヤング(1858.10.9-1922.11.7)を訪ねるため、神戸に行った。・・・。彼の新聞(The Japan Chronicle)*は、私の今まで知っているかぎり、最良の新聞であったと思う。その新聞を彼は、植字工時代に自分の給料のうちから貯蓄した10ポンドの資本で始めた。彼は私を奈良につれていってくれた。奈良はきわめて優美なところであり、そこでは古い日本が当時においてもみることができた。

*『兵庫ニューズ』で3年間の記者生活を送った後,ロバート・ヤング(1858-1922)は1891(明治24)年10月,日刊英字紙 The Kobe Chronicle を創刊。1899(明治32)年には、英字紙『兵庫ニューズ』を買収し,海外向け週刊版(あとから日刊版も)The Japan Chronicle と改題した。(写真は、大正7年の Japan Chronicle 社)

* 神戸クロニクル(ジャパン・クロニクルの前身)について


 ラッセルが英国にもどってから半年後にロバート・ヤングがラッセルに送った手紙(1922年1月2日付)の後半部分を以下ご紹介しておきたい。ちなみに、ラッセルは横浜から船にのってカナダ経由で英国に帰国したが、手紙の冒頭に出てくる Empress of Asia はラッセル一行が横浜からのった船のことである。
[右下写真出典:『神戸外国人居留地』(神戸新聞総合出版センター,1993年)]


Japan Chronicl (ジャパン・クロニクル社)  It is a long time since August(1921), when you wrote to me from the Empress of Asia, and I ought to have acknowledged your letter, earlier, ....

 I have given Mrs Russell some Japan news in a letter I have just vritten to her, so I will not repeat here. I hope you are receiving the Japan Weekly Chronicle regularly, so that you can keep in touch with news in this part of the world. It has been sent to you care of George Allen & Unwin Ltd. Now I have your Chelsea address I will have it sent there. For some years our Weekly has been steadily incresing in circulaton, going all over the world. But from the 1st of this year the Japanese Post Office has doubled the foreign postage rates which makes 6 yen for postage alone per annum on a copy of the Weekly, and l am affaid our ciculation will suffer accordingly.
 It is very good to hear that you are completely restored to health. Mrs Russell says you would scarcely be recognised by those who only I saw you in Japan. Your visit was a great pleasure to me. For years I had admired your writings and been encouraged by the stand you had taken in public affairs when even the stoutest seemed to waver. It therefore meant much to me to make your acquaintance and I hope your friendship.

 With our united good wishes,

 Sincerely yours
 Robert Young