(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian


The Autobiography of B. Russell, 3 vols.
(London; Allen & Unwin, 1967-1969. illus. port. 25 cm)

* 邦訳書:日高一輝(訳)『ラッセル自叙伝』全3巻(理想社刊、1968-1973)
第1巻(1872-1914):1968年9月刊, 298+6pp.
第2巻(1914-1944):1971年8月刊, 358+44pp.
第3巻(1944-1969):1973年2月刊, 282+19pp.

Contents

★邦訳書画像

Vol.1(1872-1914)(第1巻:1872-1914)
Acknowledgements(謝意)
Prologue : What I have Lived for(プロローグ: わたくしは何のために生きてきたか)
01 Childhood(01 幼年時代)
02 Adolescence(02 青年時代)
03 Cambridge(03 ケンブリッジ)
04 Engagemeht(04 婚約)
05 First Marriage(05 初婚)
06 'Principia Mathematica'(06 『プリンキピア・マテマティカ』)
07 Cambridge Again(07 再びケンブリッジへ)
Index to vol.1(第1巻索引)

Vol.2(1914-1944)第2巻(1914-1944)
Acknowledgements(謝意)
Preface: W. Blake's The Defiled Sanctuary(まえがき:W.ブレーク「冒涜された神殿」)
21 The First War(21 第1次世界大戦)
22 Russia(22 ロシア)
23 China(中国(および日本)
24 Second Marriage(24 再婚)
25 Later Years of Telegraph House(25 テレグラフ・ハウス時代の末期)
26 America, 1938-1944(アメリカ(1938年~1944年))
Index to vol.2(第2巻索引)

Vol.3(1944-1969)第3巻(1944-1969)
Acknowledgements(謝意)
Preface to v.3(第3巻への序文)
31 Return to England(31 英国への帰国)
32 At Home and Abroad(32 国の内外で)
33 Trafalgar Square(33 トラファルガー広場)
34 The Foundationファウンデーション(ラッセル平和財団)
Postscript(あとがき(ラッセル))
Index(索引)