(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian


War Crimes in Vietnam
(London; Allen & Unwin, 1967. 178 p. 19 cm)

* 日高一輝(訳)『ヴェトナムの戦争犯罪』(河出書房,1967年11月 328pp. 河出ワールド・ブックスn.16)
* 日高一輝氏略歴


Contents

★邦訳書画像

ACKNOWLEDGEMENTS(謝意)
INTRODUCTION: Background to the American involvement(序論)
01 THE PRESS AND VIETNAM01 新聞とヴェトナム() n.1(冒頭)
02 WAR AND ATROCITY IN VIETNAM(02 ヴェトナムにおける戦争と残虐行為)
03 FREE WORLD BARBARISM(03 自由世界の野蛮性)
04 DANGER IN SOUTH-EAST ASIA(04 東南アジアにおける危険)
05 THE COLD WAR: A NEW PHASE?(05 冷戦、新しい段階?)
06 THE SELECTION OF TARGETS IN CHINA(06 中国における爆撃目標の選定)
07 The LABOUR PARTY'S FOREIGN POLICY(07 (英国)労働党の外交政策)
08 PEACE THROUGH RESISTANCE TO US IMPERIALISM(08 アメリカ帝国主義に対するレジスタンスによる平和)
09 THH ONLY HONOURABLE POLICY(09 たった1つの正しい方策)
10 BROADCAST ON NATIONAL LIBERATION FRONT(10 米軍将兵(在南ヴェトナム)への呼びかけ)
11 SPEECH TO THE NATIONAL CONFERENCE OF SOLIDARITY (11 ヴェトナム・ソリダリティ・キャンペーン全国大会における講演)
12 APPEAL TO THE AMERICAN CONSCIENCE(12 アメリカの良心に訴える)
POSTSCRIPT: International War Crimes Tribunal(あとがき:国際戦争犯罪裁判)
APPENDIX BY RALPH SCHOENMAN: Report from North Vietnam(付録:ラルフ・シェーマン「北ヴェトナムからのレポート」)