(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),勝部真長・長谷川鑛平(共訳)
『ヒューマン・ソサエティ-倫理学から政治学へ』
(玉川大学出版部,1981年7月刊。268+x pp.)

(原著: Human Society in Ethics and Politics, 1954)
原著者まえがきの一部 n.2

松下訳にさしかえ
Human Society in Ethics and Politics, 1954, Preface
 それでは,私の著書を読んで,(世間の)人々に,その中の最も平明な陳述さえ気づかなくさせ,また,私が言おうとしているのと正反対のことを私が言っていると気楽に考えさせるような,この強烈な情熱があるのはなぜだろうか人々に理性を憎ませる可能性のある動機がいくつかある。(たとえば)両立しない欲望を持ちながら,それらが両立しないことに気づきたくない,と人は思うかも知れない。収入以上の消費したいと思いながら,やはり支払能力を超えないようにしよう,と思うかも知れない。そうして,このことは,友人に算術計算の冷徹な事実を指摘された時,その友人(たち)を毛嫌いさせる原因になるかも知れない。もしあなたが古風な教師であるならば,あなたは誰に対しても博愛心でいっぱいであると自認したいと同時に,子供たちを鞭打つことに大きな喜びを得ているかも知れない。この2つの欲望を両立させようとすれば,どうしても,鞭打ちには矯正効果がある,と自ら思いこまなくてはならない。(それゆえ)もし,精神科医が,あなたに,特別に腹ただしい年少のいたずらっ子たちのクラス(学級)のなかには,鞭打ちはまったく効果がない場合があると言えば,あなたは急に激怒し,相手を,冷たい知性だけの存在(人間)だと批難することであろう。このパターンの見事な例としては,ラグビー校のあの偉大なアーノルド博士が,鞭打ちを悪いことだと考えた人々に対する,あの怒り狂った批難の演説がある。もう1つ,理性的でないこと(不合理)を好むもっと悪意のある動機がある。相手(対象の人々)が十分に不合理な人間の場合,あなたは彼らをそそのかして,自分たち自身の利益のために尽くしていると思い込ませて,(実際は)あなたの利益のために奉仕させることも可能であろう。こういった事例は,政治(の世界)ではごくありふれている。政治的指導者たちの大部分は,自分たちは利他的願望のために行動していると多くの人々を信じ込ませて,その地位を得ている。そのような信念も,興奮の影響下では一層容易に受け容れられることは,よく理解できる。ブラスバンド,集団祈祷,私刑(リンチ)の執行,そして戦争(注:オリンピックの招致,国会議員団による靖国集団参拝,マスコミによる集団リンチ,仮想敵国による国土侵略の恐怖,その他)と,段階を追って興奮は高まる。不合理を唱道する者たちは,どうやら,大衆を興奮状態においておけば,自分たちに都合のよいように彼らをだますずっと良い機会がでてくる,と思っているようである。私がこのようなやり方を好まないことが,恐らく,人々に私が不当に合理的であると言わせているようである。

Why, then, is there this violent passion which causes people, when they read me, to be unable to notice even the plainest statement, and to go on comfortably thinking that I say the exact opposite of what I do say? There are several motives which may lead people to hate reason. You may have incompatible desires and not wish to realize that they are incompatible. You may wish to spend more than your income and or yet remain solvent. And this may cause you to hate your friends when they point out the cold facts of arithmetic. You may, if you are an old-fashioned schoolmaster, wish to consider yourself full of universal benevolence, and at the same time derive great pleasure from caning boys. In order to reconcile these two desires you have to persuade yourself that caning has a reformatory influence. If a psychiatrist tells you that it has no such influence on some peculiarly irritating class of young sinners, you will fly into a rage and accuse him of being coldly intellectual. There is a splendid example of this pattern in the furious diatribe of the great Dr. Arnold of Rugby against those who thought ill of flogging. There is another, more sinister, motive for liking irrationality. If men are sufficiently irrational, you may be able to induce them to serve your interests under the impression that they are serving their own. This case is very common in politics. Most political leaders acquire their position by causing large numbers of people to believe that these leaders are actuated by altruistic desires. It is well understood that such a belief is more readily accepted under the influence of excitement. Brass bands, mob oratory, lynching, and war, are stages in the development of the excitement. I suppose the advocates of unreason think that there is a better chance of profitably deceiving the populace if they keep it in a state of effervescence. Perhaps it is my dislike of this sort of process which leads people to say that I am unduly rational.