(本館)  (トップへ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian



Power, a new social analysis
(Allen & Unwin, 1938)


* 東宮隆(訳)『権力−その歴史と心理』(みすず書房,1959年4月。342+viii pp. ラッセル著作集 n.5)

Contents

★邦訳書画像

01. The Impulse to Power(第1章 権力衝動)
02. Leaders and Followers(第2章 導くものとつき従うもの)
03. The Forms of Power(第3章 権力の形式)
04. Priestly Power(第4章 僧侶の権力)
05. Kingly Power(第5章 王権)
06. Naked Power(第6章 むきだしの権力)
07. Revolutionary Power(第7章 革命をよぶ権力)
08. Economic Power(第8章 経済的権力)
09. Power over Opinion(第9章 世論を動かす力)
10.Creeds as Sources of Power(第10章 権力の源としてみた信条)
11.The Biology of Organizations(第11章 組織体の生物学)
12.Powers and Forms of Governments(第12章 権力と政治形態)
13.Organizations and the Individual(第13章 組織体と個人)
14.Competition(第14章 競争)
15.Power and Moral Codes(第15章 道徳のおきてと権力)
16.Power Philosophies(第16章 権力哲学のいろいろ)
17.The Ethics of Power(第17章 権力の倫理)
18.The Taming of Power(第18章 権力はいかにしておさえるか)
Index(Unwin Books 版にはIndexなし。ハードカバー版にはIndexあり)(索引)