(本館へ)  (トップへ)  (初心者のページへ)

Portal Site for Russellian in Japan



バートランド・ラッセル(著),堀秀彦・柿村峻(共訳)『怠惰への讃歌』
(角川書店,1958年10月刊。210pp. 角川文庫 n.1720)

(原著: In Praise of Idleness, 1935.)
「怠惰への讃歌」第12章 教育と訓練
Chap.12: Education and Discipline

 権力のいいなりになる者(従順な人間)は,思想と行動の両面において進取の気性を失う。さらに,出鼻をくじかれているという感情によって引き起こされる怒りから,自分より弱い者をいじめることにはけ口を見つけがちである。これが圧政的な慣例がいつまでも続いている理由である。即ち,自分の父親から苦しめられたことを自分の息子に課したり,パブリック・スクールで耐え忍んできた屈辱を忘れずにそれを自分が大英帝国の建設者(の一員)となった時に(植民地の)原住民に屈辱を転嫁する(引き渡す)。こうして,不当な権威主義的な教育は,生徒を臆病な暴君にさせ,言行における独創性を自分で主張できなくさせたり,他人の独創性を許すことをできなくさせたりする。教育者に及ぼす影響はもっと悪い。彼ら教育者は加虐的な規律励行者となり,生徒に恐怖心を起こさせることを喜び,他に何も起こさなくても満足する。こういう人間が知識を言葉で表すと,生徒は知識を嫌悪することになる。この知識に対する嫌悪は,イギリスの上流階級の間では,人間性に含まれていると思われているが,実際,権威主義的な教育者の根強い憎悪心の一部となっているのである。


The submissive lose initiative, both in thought and action; moreover, the anger generated by the feeling of being thwarted tends to find an outlet in bullying those who are weaker. That is why tyrannical institutions are self-perpetuating: what a man has suffered from his father he inflicts upon his son, and the humiliations which he remembers having endured at his public school he passes on to 'natives' when he becomes an empire-builder. Thus an unduly authoritative education turns the pupils into timid tyrants, incapable of either claiming or tolerating originality in word or deed. The effect upon the educators is even worse: they tend to become sadistic disciplinarians, glad to inspire terror, and content to inspire nothing else. As these men represent knowledge, the pupils acquire a horror of knowledge, which, among the English upper-class, is supposed to be part of human nature, but is really part of the well-grounded hatred of the authoritarian pedagogue.