(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian


Freedom and Organization -1814-1914
(London; Allen & Unwin, 1934)

* 大淵和夫・鶴見良行(共訳)『自由と組織』(みすず書房,1960年1月(=第1巻:383+x pp.)及び4月(=第2巻:377+Xi pp. /ラッセル著作集・第2&3巻)


Contents

★邦訳書画像

Vol.1(第1巻)
Preface(原著者まえがき)
Part One: The Principle of Legitimacy(第1部 正統主義の原則)
01 NAPOLEON'S SUCCESSORS(第1章 ナポレオンの後継者たち) n.1,
02 THE CONGRESS OF VIENNA(第2章 ウィーン会議)
03 THE HOLY ALLIANCE(第3章 神聖同盟)
04 THE TWILIGHT OF METTERNICH(第4章 メッテルニヒの衰退)
Part Two: The March of Mind(第2部 精神の進軍)
  SECTION A. THE SOCIAL BACKGROUND(A 社会的背景)
05 THE ARISTOCRACY(第5章 貴族階級)
06 COUNTRY LIFE(第6章 農村地帯の生活)
07 INDUSTRIALISM(第7章 工業地帯の生活)
  Section B. THE PHILOSOPHICAL RADICALS(B 哲学的急進派)
08 MALTHUS(第8章 マルサス)
09 BENTHAM(第9章 ベンサム)
10 JAMES MILL(第10章 ジェイムズ・ミル)
11 RICARDO(第11章 リカアドウ)
12 THE BENTHAMITE DOCTRINE(第12章 ベンサム主義の学説)
13 DEMOCRACY IN ENGLAND(第13章 イギリスにおける民主主義)
14 FREE TRADE(第14章 自由貿易)
  SECTION C. SOCIALISM(C 社会主義)
15 OWEN AND EARLY BRITISH SOCIALISM(第15章 オウエンと初期の英国社会主義)
16 EARLY TRADE UNIONISM(第16章 初期の労働組合主義)
17 MARX AND ENGELS(第17章 マルクスとエンゲルス)
18 DIALECTICAL MATERIALISM(第18章 弁証法的唯物論)
19 THE THEORY OF SURPLUS VALUE(第19章 剰余価値の理論)
20 THE POLITICS OF MARXISM(第20章 マルキシズムの政治学)
Vol.2(第2巻)
Part Three. Democracy and Plutocracy in America (第3部 アメリカにおけるデモクラシーと金権政治)
  SECTION A. DEMOCRACY IN AMERICA(A アメリカにおけるデモクラシー)
21 JEFFERSONIAN DEMOCRACY(第21章 ジェファソニアン・デモクラシー)
22 THE SETTLEMENT OF THE WEST(第22章 西部の植民地)
23 JACKSONIAN DEMOCRACY(第23章 ジャクソニアン・デモクラシー)
24 SLAVERY AND DISUNION(第24章 奴隷制度と連邦分裂)
(第25章 リンカーンと国家的統一)
  SECTION B. COMPETITION AND MONOPOLY IN AMERICA(B アメリカにおける競争と独占)
26 COMPETITIVE CAPITALISM(第26章 競争原理による資本主義)
27 THE APPROACH To MONOPOLY IN AMERICA(第27章 独占に近づく)
Part Four. Natlonalism and Imperialism(第4部 民族国家主義と帝国主義)
28 THE PRINCIPLE OF NATIONALITY(第28章 民族国家主義の原則)
29 BISMARCK AND GERMAN UNITY(第29章 ビスマルクとドイツの統一)
30 THE ECONOMIC DEVELOPMENT OF THE GERMAN EMPIRE(第30章 ドイツ帝国の経済的発展)
31 IMPERIALISM第31章 帝国主義)
32 THE ARBITERS OF EUROPE(第32章 ヨーロッパの独裁者)
Conclusion(結論)
Bibliography(参考文献)
Index(索引)