(本館へ)  (トップへ)  (初心者のページへ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),鈴木祥蔵(訳)『教育と社会体制』
(黎明書房,1952年/明治図書,1960年9月。208 pp.)

(原著:Education and the Social Order, 1932.)
第12章「教育における競争」
Chapter 12: Competition in Education

 過剰教育の最も重大な面は,健康,特に精神の健康に及ぼす影響である。この害悪(弊害)は英国においてみられるように,"機会の均等"という自由主義の標語を性急に適用しようとする結果である。つい最近まで,教育は裕福な人たちの子弟の特権であった。しかし,民主主義の影響のもと,高等教育はそれに値するすべての人々に開放されるべきであり,また高等教育から利益を得る能力は主として知性(の程度)にかかっていると,(正当にも)思わえるようになった。この問題の解決(策)は,幼少の頃の学業成績及びかなりの程度まで競争試験によるところのとても大規模な奨学金制度によって見出された。競争は最高の徳であるという信仰(思い込み)のため,少年少女も青年も,酷すぎる緊張を伴うようなものに従事させられるべきではないということに,誰も思いいたらなかった。たとえ緊張はただ知的なものだけでさえも,十分悪いが,(実際は)さらに感情的な緊張も加わるのである。即ち,少年でも少女でもその子の全将来は −経済的な将来だけでなく社会的な将来も− 長い間の準備のあとのほんの短時間の試験で左右されてしまう(という感情的な緊張がある)のである。その少年の興味は全く知的な方面に向いているのに,彼の友達は全く本などに興味を持たないような環境にある,貧しい家庭の聡明な少年の立場を考えてみたまえ。もしうまく大学にまでゆくことができれば,彼は気の合った友達を作る望みも持てるし,気に入った仕事に一生を送ることもできるだろうが,もし入学できなければ,貧乏だけでなく心の孤独を運命づけられる。眼前の二者択一に面して,彼は不安にかられながら勉強するがしかしその方法は賢明ではないのは確かである。また彼の教育が完成する前に,精神的な弾力性は失われてしまうのも確かなことである。 

The most serious aspect of over-education is its effect on health, especially mental health. This evil,as it exists in England,is a result of the hasty application of a Liberal watchword,"equality of opportunity." Until fairly recent times, education was a prerogative of the sons of the well-to-do, but under the influence of democracy it was felt, quite rightly, that higher education ought to be open to all who could profit by it, and that ability to profit by it depended in the main upon intellect. The solution was found in a vast system of scholarships depending upon scholastic proficiency at an early age, and to a very large extent upon competitive examinations. Belief in the sovereign virtues of competition prevented anyone from reflecting that boys and girls and adolescents ought not to be subjected to the very severe strain involved. If the strain were only intellectual it would be bad enough, but it is also emotional: the whole future of a boy or girl, not only economically, but socially, turns upon success in a brief test after long preparation. Consider the situation of an intelligent boy from a poor home, whose interests are almost wholly intellectual, but whose companions care nothing for books. If he succeeds in reaching the university, he may hope to make congenial friends and spend his life in congenial work; if not, he is doomed not only to poverty but to mental solitude. With this alternative before him, he is almost certain to work anxiously but not wisely, and to destroy his mental resiliency before his education is finished.