(本館へ)  (トップへ)  (初心者のページへ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),江上照彦(訳)『結婚論』
(社会思想社,1955年12月。260 pp.)

(原著: Marriage and Morals, 1929.)
結 論
Conclusion
 私が唱道したい道徳は,成人や青年に対して,単純に「自分の衝動に従い,好きなようにやりなさい」と言うだけものではない。人生には首尾一貫性がなければならない。即ち,すぐに利益にはならなくて,いかなる時にも魅力的であるというわけではない目的を目指して,継続的な努力をしなければならない。他人への思いやり(考慮)も必要だし,正直であることについての一定の基準も必要である。けれども,私は,自制それ自体を目的であるとは考えていないし,我々の制度や道徳的慣習は,自制の必要を最大限ではなく,最小限にするようなものであることを望んできる。 自制の効用は,列車のブレーキの効用に似ている。誤った方向に進んでいることに気づいたときには役に立つが,方向が正しいときには害になるばかりである。列車はつねにブレーキをかけたまま走るべきだ,とはだれも主張しないだろうが,それでも,困難な自制をする習慣は,有用な活動にあてるべきエネルギーに対して,きわめてよく似た有害な影響を及ぼす。自制が原因となって,こうしたエネルギーの大部分は,外的な活動に対してではなく,内的な摩擦にむだ使いされることになる。こういった理由で,自制はときには必要であるが,つねに遺憾なものである。

... : the morality which I should advocate does not consist simply of saying to grown-up people or to adolescents: 'Follow your impulses and do as you like.' There has to be consistency in life; there has to be continuous effort directed to ends that are not immediately beneficial and not at every moment attractive; there has to be consideration for others; and there should be certain standards of rectitude. I should not, however, regard self-control as an end in itself, and I should wish our institutions and our moral conventions to be such as to make the need for self-control a minimum rather than a maximum. The use of self-control is like the use of brakes on a train. It is useful when you find yourself going in 'the wrong direction, but merely harmful when the direction is right. No one would maintain that a train ought always to be run with the brakes on, yet the habit of difficult self-control has a very similar injurious effect upon the energies available for useful activity. Self-control causes these energies to be largely wasted on internal friction instead of external activity; and on this account it is always regrettable, though sometimes necessary.