(本館へ)  (トップへ)  (初心者のページへ)

Portal Site for Russellian


On Education, especially in early childhood
(George Allen & Unwin, 1926)

* 邦訳書:堀秀彦(訳)『教育論』(角川文庫,1954年7月. 336pp.)


Contents

邦訳書画像  英文全文(full text

Introduction(序論)
Part I: Educational Ideals(I部 教育の理想)
1.Postulates of Modern Educational Theory(第1章 近代教育理論のさまざまな要求) n.1
2.The Aims of Education(第2章 教育の目的)
Part II: Education of Character(第II部 性格の教育)
3.The First Year(第3章 生後第1年)
4.Fear(第4章 恐怖)
5.Play and Fancy(第5章 遊びと空想)
6.Constructiveness(第6章 建設的であること)
7.Selfishness and Property(第7章 自分本位と所有権)
8.Truthfulness(第8章 真実さ)
9.Punishment(第9章 罰)
10.Importance of Other Children(第10章 他の子供たちのもつ重要性)
11.Affection and Sympathy(第11章 愛情と同情)
12.Sex Education(第12章 性教育)
13.The Nursery School(第13章 ナースリ・スクール)
Part III: Intellectual Education(第III部 性格の教育)
14.General Principles(第14章 一般的な原理)
15.The School Curriculum Before Fourteen(第15章 14歳以前のカリキュラム)
16.Last School Years(第16章 最終学年)
17.Day Schools and Boarding Schools(第17章 通学学校と寄宿学校)
18.The University(第18章 大学)
19.Conclusion(第19章 結論)