(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト



バートランド・ラッセル(著),牧野力(訳)『中国の問題』
(理想社,1970年9月。276+ii pp.)


(原著: The Problem of China, 1922.)
第1章「問題点」n.1
chap. 1: Questions, n.1
*写真は,北京大学におけるラッセル(本書出版の前年1921年に撮影)/出典:R. Clark's The Life of B. Russell, 1975

 最近中国に着いたヨーロッパ人は,もし彼が感受性が強く,思慮深い性質の人柄であれば,数多くかつ非常に判断に迷うような問題に自分が直面していることに気がつくだろう。
 そのわけは,西欧問題が多くの中国問題に対処する予備知識として,役立たないからである。ロシア問題が中国問題と重要な類似点をもつことも事実であるが,重要な相違点もある。さらに,ロシア問題は,中国問題にくらべて,明らかに,はるかに単純である。
 たとえ中国問題が中国以外の外国に何の影響を与えないとしても,中国国民が全人類の約1/4を占めると見積もられているから,中国問題は極めて重要な問題であろう。(けれども),事実(実際は),全世界が中国問題の発展に致命的な影響を受けるであろう。そして,良きにつけ悪しきにつけ,それが(中国問題が),今から2世紀にわたって決定的要因となることを証明するのも当然である(→ おそらく決定的要因であることが明らかになるかもしれない)。
 この事情から,アジアと同様,欧米にとり,現在のところでは,確定的な解答を与えるのが,たとえ困難であるにせよ,中国の提起する問題を聡明に理解することが重要となるのである。

 

 


A EUROPEAN Iately arrived in China, if he is of a receptive and reflective disposition, finds himself confronted with a number of very puzzling questions, for many of which the problems of Western Europe will not have prepared him. Russian problems, it is true, have important affinities with those of China, but they have also important differences; moreover they are decidedly less complex. Chinese problems, even if they affected no one outside China, would be of vast importance, since the Chinese are estimated to constitute about a quarter of the human race. In fact, however, all the world will be vitally affected by the development of Chinese affairs, which may well prove a decisive factor, for good or evil, during the next two centuries. This makes it important, to Europe and America almost as much as to Asia, that there should be an intelligent understanding of the questions raised by China, even if, as yet, definite answers are difficult to give.