(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),市井三郎(訳)『社会改造の原理』
(河出書房新社版『世界の大思想』v.26,1969年8月刊。pp.1-155.)

(原著: Principles fo Social Reconstrucition, 1916)
第5章「教育」n.1
Education

 いかなる国家も,国民としての誇りを助長したいと望んでおり,この国民的誇りは偏見のない歴史(教育)によってはなすことができないという意識を持っている。(そこで)無防備の子供たちは、事実の曲解とか,ある種の事実の隠蔽とか,種々の暗示とかによって教えられることになる。様々な国で教えられている世界史に関する誤った諸観念は,闘争を奨励し,頑迷なナショナリズムを存続させる役割を果たすような性質をもっている。国家間の良好な関係が望まれるとするならば,とるべき最初の処置のひとつは,歴史の教育の全てを国際的な委員会に委ね,その委員会が,現在どの国でも要求されているような愛国的偏見を有しない中立的な教科書をつくるようにすべきである。

Every State wishes to promote national pride, and is conscious that this cannot be done by unbiased history. The defenceless children are taught by distortions and suppressions and suggestions. The false ideas as to the history of the world which are taught in the various countries are of a kind which encourages strife and serves to keep alive a bigoted nationalism. If good relations between States were desired, one of the first steps ought to be to submit all teaching of history to an international commission, which should produce neutral textbooks free from the patriotic bias which is now demanded everywhere.