(本館) (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


牧野力(訳)『民主主義とは何か,自由とは何か』(理想社,1962年5月 117pp.)

[原著:What is Democracy? (1953) + What is Freedom?(1952)]
(2) 政治的自由, 経済的自由, 精神的自由

松下訳
(2) Political Freedom, Economic
Freedom, Mental Freedom

[これは,講演です。]
・・・。
 人間性の中には,社会的な目的に役立つものがまったくない場合でさえ,画一性を要求する衝動があるように思われます。特に,この衝動は,小中学生の間に顕著です。誰もが帽子ををかぶっている学校において,もし帽子をかぶらずに登校すれば,その生徒はいじめられます。ところが一方,誰もが無帽で登校する学校では,独り帽子をかぶる生徒はいじめられます。学帽の問題で人と変わっていることは無害だと考える生徒はほとんど皆無でしょう。
 文明化された人々の間では,画一性を強制したいというこの盲目的衝動は,次第に弱まっていきます。しかし,多くの人は決して文明化されず,生涯,小中学生の持つ,粗野な迫害本能を保持し続けます。もし政治的自由が存在すべきであるならば,この迫害したいという感情を,法律のなかに具現化してはいけません。モルモン教徒(注:一夫多妻主義で有名であったが,今では違うとのこと。)池上彰によるモルモン教徒解説)に対し敵愾心を抱かせたのは,ほかならぬ,この感情でした。それは,伝統的な道徳律のなかの一つの信条ではありませんでした。なぜなら,(米国人は同国人に対してはそのような感情を抱いても)アジアやアフリカにおける一夫多妻に対しては,(米国人は)誰も反対しなかったからです。(注:このあたり,牧野力氏は誤訳している。
 私は自分が一夫多妻制に賛成しているとお思われたくありません。しかし,自由の愛好者であるかどうか調べる正真正銘のテストは,その人が嫌う物事についてその人が示す態度との関係を見ることにあります。自分の好きなことに対して寛容であることは容易です。自由主義的な態度を特徴づけるものは,自分の嫌う物事に対して寛容であることです。
...
There appears to be in human nature an impulse to demand conformity even when it serves no social purpose. This is especially notable in schoolboys. In a school where everybody wears a hat, a boy will be kicked if he goes bare-headed; while, in a school where nobody weares a hat, he will be kicked if he does not go bare-headed.
[松下注: この講演が収録されている Fact and Fiction (George Allen & Unwin ed., 1961 = 1st ed.) では,以下のように途中の文章が脱落してしまっている。また, 現在一番ラッセルの著書を出版している Routledge 版の2009年刊行のものも,アレン版をそのまま引き継いでおり,要注意。因みに, Google eBooks で 'schoolboys' をキーワードにして検索すると, オリジナル版である Batchworth Press ed. (1952) - 32pp. によって,脱落がないもとの文章を確認できる。] ... notable in schoolboys. In a school where ★nobody wears a hat, a boy will be kicked if he ★does not go bare-headed. Not one bpy ...]
Not one boy in a thousand would think that an eccentric in the matter of hats is harmless.
Civilized people gradually grow out of this blind impulse towards enforced uniformity; but many never become civilized, and retain through life the crude, persecuting instincts of the schoolboy. If there is to be political liberty, this feeling must not be embodied in legislation. It was only this feeling which caused hostility to the Mormons. It was not a belief in the conventional moral code, since no one objected to polygamy in Asia and Africa.
I should not like it to be thought that I favour polygamy, but the true test of a lover of freedom comes only in relation to things that he dislikes. To tolerate what you like is easy. It is toleration of what you dislike that characterizes the liberal attitude.