(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian


The Problems of Philosophy, by Bertrand Russell
(London; Oxford University Press, 1912. 167p)

* 邦訳:中村秀吉(訳)『哲学入門』(社会思想社,初版=1964年2月刊/新版=1996年10月, 214pp.)


目 次

 原著全文(Full Text)
 ★邦訳書画像及び目次

Preface(原著序文)
 + Note to 17th impression(第17刷へのノート)
01. Appearance and reality(第1章 外見と実在)
02. The existence of matter(第2章 物質の存在)
03. The nature of matter(第3章 物質の本性)
04. Idealism(第4章 観念論)
05. Knowledge by acquaintance and knowledge by description(第5章 見知りによる知識と記述による知識)
06. On induction(第6章 帰納について)
07. On our knowledge of general principles(第7章 一般原理に関するわたしたちの知識について)
08. How A Priori knowledge is possible(第8章 いかにして先験的知識は可能か)
09. The world of universals(第9章 普遍の世界)
10. On our knowledge of universals(第10章 普遍に関するわたしたちの知識について)
11. On intuitive knowledge(第11章 直感的知識について)
12. Truth and falsehood(第12章 真理と虚偽について)
13. Knowledge, error, and probable opinion(第13章 知識、誤謬、および蓋然的意見)
14. The limits of philosophical knowledge(第14章 哲学的知識の限界)
13. The value of philosophy(第15章 哲学の価値)
Bibliographical note(文献ノート)
Index(索引)