バートランド・ラッセルの言葉

要約された人類の歴史

 ある日,学校(注:ラッセルが一時期経営していた Beacon Hill School)で,中くらいの背格好の少年が自分より小柄な少年をいじめているのを見つけた。たしなめたところ,彼は次のように答えた。「自分より大きな奴が自分をなぐる。そこで私は自分より小さい奴をなぐる。公平だよ。」 この言葉によって,この少年は,人類の歴史を要約してみせた。
 出典: ラッセル『教育と社会秩序(or 社会体制)』


I found one day in school (= Beacon Hill Schoo) a boy of medium size ill-treating a smaller boy. I expostulated but he replied: "The bigs hit me, so I hit the babies; that's fair." In these words he epitomized the history of the human race.

Source: Education and the Social Order, 1932.
More Info.:なし