バートランド・ラッセルの言葉

年取った急進派
の悲しい運命

 変化は必要だというのは我々の口癖であることから,そのことは頭のなかでは(理屈の上では)理解している。しかし,現実における変化には耐えられない。それゆえ,年取った急進派は,彼が無力であるかぎり幸せになれるという悲しい身の上にある。即ち,彼は,いつも行ってきたことはいかなることも,変革の唱道を含め,ほとんど一切やめることはできないが,当然のこと,変革の実現自体は含まれていない。
 出典: ラッセル「自伝」


We may remain intellectually convinced of the necessity of change since this is one of our fixed verbal habits, but we cannot bear actual change. The aged radical is therefore in the sad situation that he can only be happy so long as he is ineffective; he cannot stop doing any of the things that he always has done, including the advocacy of change, but not of course including its actual realisation.

Source: The menace of old age, Aug. 27, 1931, in Mortals and Others;Bertrand Russell's American Essays 1931-1935, v.1, 1975.
More Info.:http://russell-j.com/RONEN.HTM