(本館)  (トップへ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


once (and) for all [きっぱりと,これを最後に]
No satisfaction based upon self-deception is solid, and, however unpleasant the truth may be, it is better to face it once for all, to get used to it, and to proceed to build your life in accordance with it.
[自己欺瞞に基づく満足は,決して堅実なものではない。それゆえ,真実がいかに不愉快なものであっても,きっぱりと真実に直面し,真実に慣れ,真理と調和した(真理に従い)生活を築きあげるようにしたほうがよい。
 出典:ラッセル『幸福論』第8章「被害妄想」]

The men who make Utopias proceed upon a radically false assumption as to what constitutes a good life. They conceive that it is possible to imagine a certain state of society and a certain way of life which should be once for all recognized as good, and should then continue for ever and ever.
[ユートピアを構想する人々は,何が良き生活であるか,ということに関する根本的に誤った仮定のもとに議論を進める。彼らは,善きものであるときっぱりと認識でき,未来永劫持続する,ある社会状態と生活様式を想定することが可能であると考えている。
 出典:ラッセル『社会再建の原理』(1916年)第3章「制度としての戦争」]

She told him, once for all, that she would not marry him.
[彼女は彼に,「あなたとは結婚しません」と,きっぱり言った。
 出典:森一郎『試験にでる英熟語』p.165]

Let's try to solve this problem once and for all.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemprary English, new ed.]