(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


oblivion (n) [忘れ(られ)ること、忘却;(法)大赦]

(参考)森一郎『(改定新版)試験にでる英単語』p.58:"ob"="against"、"liv"="live" :「頭のなかに生きていないから忘却」と覚えるとよい
Genuine zest, not the sort that is really a search for oblivion, is part of the natural make-up of human beings except in so far as it has been destroyed by unfortunate circumstances. Young children are interested in everything that they see and hear; the world is full of surprises to them, and ...
[(麻薬や飲酒への熱意のように)実際は忘却を求めている類ではない'本物の熱意'は−−不幸な環境のために損なわれているような場合を除いて−−、人間生来の資質の一部である。幼い子供たちは、見聞きするもの全てに興味・関心を持つ。彼らにとって、世界は驚きに満ちており、・・・。
 出典:ラッセル『幸福論』第11章「熱意」]

This is the extent of it! By far the greater proportion of the essays have suffered the fate of yesteryear's newspaper: oblivion. They do not deserve oblivion. The publishers and I are confident that the candid and judicious reader will agree with this judgement, and it is for this reason that we make them available to a new generation of readers.
[彼(ラッセル)のエッセイ(注:ハースト系の雑誌に掲載されたもの)はこの程度にしかあつかわれず、その大部分は読み捨てという新聞の宿命と運命をともにし、忘れ去られてきた。私は、彼のエッセイをこのままにしておくことに忍びず、出版社の諸氏と相談の結果、再度出版におよべば、公正にして賢明なる読者の賛同を得られるものと思い、新しい世代の読者に本書を編んだ次第である。
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の「編者序文」]

This drug promises instant oblivion.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemprary English, new ed.]

He often drinks himself into oblivion.
[ 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.]