(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ lie on one's face (back, side)【うつぶせ(あおむけ,横向き)に寝る】

* 活用・変化: lie, lay, lain; lying
The most tedious stage of my convalescence was when I had phlebitis, and had to lie motionless on my back for six weeks.
[私の回復期のうちで最もあきあきしたのは,静脈炎で6週間じっと動かずに,あお向けに寝ていなければならなかった時であった。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第3章「中国」]

In the summer months of 1939 we rented a house at Santa Barbara, which is an altogether delightful place. Unfortunately, I injured my back, and had to lie flat on my back for a month, tortured by almost unendurable sciatica. The result of this was that I got behindhand with the preparations for my lectures, and that throughout the coming academic year I was always overworked and always conscious that my lectures were inadequate.
* sciatica; sciatic neuralgia 坐骨神経痛
[1939年の夏,私たちは,サンタ・バーバラに家を一軒借りた。サンタ・バーバラはとても心地よいところであるが,運悪く,私は背中(背骨)を痛め,そのためにとても堪えられないほどの坐骨神経痛に悩まされ,1ケ月間背を伸ばしたまま寝ていなければならなかった。その結果,講義の準備が遅れ,(秋から始まる)次の学期を通していつも過労となり,自分の講義が十分ではないという意識を常に持っていた。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第6章「アメリカ(滞在)」]

He was lying on his face.
[彼はうつぶせに寝ていた。
 出典:森一郎『試験にでる英熟語』p.98]