(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ know of [〜のことを(聞いて)知っている(面識がある)]

* know of 〜 は,「うわさなどで間接的に聞いて知っている場合に使う。(know 〜 は直接的に知っている状態)
He had a mistress, and fondly supposed that his wife did not know of her. He used to tear up this woman's letters and throw the pieces into the wastepaper basket. His wife would fit the bits together, and read out the letters to Alys and Logan amid fits of laughter.
[彼(ラッセルの義父)には愛人がいたが,彼は愚かにも,彼の愛人のことを妻は知らないと思っていた。彼はその女性からの手紙を,いつも小さく引き裂き,紙屑籠に投げ入れていた。彼の妻は,いつもその手紙の断片を1つに貼り合わせ,アリス(ラッセルの初婚相手)とローガン(アリスの兄)に読んで聞かせ,大笑いした。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第6章「プリンキピア・マテマティカ」]

Now through education and the Press they know much in an abstract way about large classes of mankind of whom no single individual is among their acquaintance. Through the movies they think they know how the rich live, through the newspapers they know much of the wickedness of foreign nations, through propaganda they know of the nefarious practices of all whose skin has a pigmentation different from their own. Yellows hate whites, whites hate blacks, and so on.
* nefarious (adj.):極悪の
* pigmentation (n):着色;色素形成

[現在では、教育と新聞・出版(松下注:現代でいえば、マスコミ)を通して、人びとは、直接には誰一人として知らない幅広い階級の人たちのことについても、抽象的には、多くのことを知っている。映画を通して金持ちがどんな暮らしをしているか知っていると思っており、新聞(マスコミ)を通して他国民(民族)の邪悪さについて多くのことを知っており、また宣伝(プロパガンダ)を通して自分と違う肌の色をした全ての人々(民族)の非道な行いについても知っている(つもりになっている)。黄色人種は白人(白色人種)を憎み、白人は黒人を憎む、といった具合である。
 出典:ラッセル『幸福論』第6章「ねたみ」]

I know of him, of course, but I don't know him.
[彼のことはもちろん聞いて知っていますが,直接的には知りません。
 出典:森一郎『試験にでる英熟語』p.106]

Dou you know of any way to get wine stains out of cloth?
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]

Do you know of any good fishing near here?.
[どこかこの付近に良い釣り場を知りませんか?
 出典:Shogakukan Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.]