(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ infinity (n) [無限;無限なもの,莫大な数;数学の)無限大]

* infinite (adj): without limits or end; not finite; very great
Much of what is set forth in the following chapters is not properly to be called 'philosophy,' though the matters concerned were included in philosophy so long as no satisfactory science of them existed. The nature of infinity and continuity, for example, belonged in former days to philosophy, but belongs now to mathematics.
[以下の諸章でのべる多くのことは本来からいえば「哲学」とよぶべきものではないが,このようなことを扱った十分な科学がないあいだ哲学に入れられていた。たとえば無限と連続の性質は,昔は哲学に属していたが,現在は数学に属している。
 出典ラッセル『哲学入門』序文」]

Somebody once asked me if I ever argued with my father. The question struck me as preposterous, for of course it was quite impossible. His mind was as sharp as a razor and as quick as a steel trap, and his fund of knowledge was apparently infinity. I have never seen or heard anybody get the better of him in an argument.
* preposterous (adj.):途方も無い,非常識な;不合理な
[ある人がいつか私に,父(ラッセル)と議論をしたことがあるかと聞いたことがあった。その質問をされたとき,とんでもないと思った。というのは,もちろん,そんなことは私には全く考えられないことだったからである。父の頭は'かみそり'のように鋭く,物事を理解するのが迅速で(虎挟みのように理解が素早く),父の知識の貯えは明らかに無尽蔵だった。私はかつて,議論をして父に勝った人というのを見たことも聞いたこともなかった。
 出典:キャサリン・テート『最愛の人,わが父ラッセル』序文」]

Lying on his bed, he spent hours contemplating the infinity of the universe. / Georg Cantor discovered that there were different degrees of infinity which considerably increased mathematicians' understanding of infinity and set theory.
[ベッドに横になりながら,彼は何時間も無限の宇宙に思いを馳せた。/ゲオルグ・カントールは無限にも様々な階層があることを発見した。それにより,無限や集合論に関する数学者の理解に大いに役だった。
 出典:『東工大英単−科学技術例文集』p.143]

This is an infinity improvement on your previous work.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]