(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


grasp [(n) しっかりつかむこと;支配;理解(力),把握 || (v) しっかりつかむ;理解する,把握する]

* grasping (adj.):欲の深い
People scarcely realize in imagination that the danger is to themselves and their children and their grandchildren, and not only to a dimly apprehended humanity. They can scarcely bring themselves to grasp that they, individually, and those whom they love are in imminent danger of perishing agonizingly.
[危険は単にぼんやり感知される'人類'に対してだけではなく、自分自身や自分の子どもや孫たちに対して存在するのだが、人々はそれを想像力を働かせることによって認識することは、ほとんどできない。人々は個人としての自分たちめいめいと自分の愛する者たちが、苦しみもだえながら死滅するという、切迫した危険状態にあるということをほとんど理解していない。]
 出典:『ラッセル=アインシュタイン宣言』

This was the first time that I had met him and I was greatly impressed not only by his energy and clear grasp of affairs, but by his balanced objectivity and thoughtfulness and his delightful good humour.
[私が彼(注:ウ・タント国連事務総長)と会ったのはこれが最初だった。そうして,彼が精力的であることや問題を明確に把握することだけではなく,バランスのよくとれた客観性と思慮深さ及び彼の非常に愉快かつ上品なユーモアによって,大いに印象づけられた。]
 出典:ラッセル『自伝』第3巻第3章「トラファルガー広場婚約期間

My little boy, at the age of three and a half, spent many hours in absorbed solitary study of a garden syringe, until he had grasped how the water came in and the air came out, and how the converse process occurred.
[私の小さな息子は,三歳半のときに,何時間もひとりで夢中になって庭の水まき機を研究し,とうとう,どんな具合に水がはいって空気が出ていくか,また,どんな具合に反対の過程が起こるか理解した。]
 出典:ラッセル『教育論』第一部第4章「恐怖心

A friendly interest in persons is a form of affectionateness, but not the form which is grasping and possessive and seeking always an emphatic response.
[人に対する友好的な関心は,深い愛情のひとつの形であるが,欲が深く所有欲が強くて常に強い反応を求める形はそうではない。]
 出典:ラッセル『幸福論』第10章「幸福は今でも可能か?

In reading, it is necessary to grasp the author's intentions.
[読むときは,作者の意図を理解することが必要だ。]
 出典:宮川幸久(編著)『英単語ターゲット1900』p.203

She couldn't grasp the meaning of what her boss was saying.
[彼女は,上司の言っていることの意味が理解できなかった。]
 出典:『新版完全 征服データベース5500 合格 英単語・熟語』p.49
>
Grasp the rope with both hands.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.