(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


geology (n) [地質学(the 〜)(ある地域の)地質]

* geological (adj.):地質学(上)の,地質の
* geologist (n):地質学者
But science, also, can stimulate the imagination. When I was a boy, astronomy and geology did more, for me in this respect than the literatures of England, France and Germany, many of whose masterpieces I read under compulsion, without the faintest interest.
* literature は辞書では uncountable と記載されている。ラッセルは各国の文学(諸文学)ということで literatures と複数形にしているが・・・?
[しかし,科学もまた,'想像力を刺激'する。私は少年の頃,イギリスやフランスやドイツの文学よりも,天文学や地質学のほうがこの点(注:想像力の涵養)でいっそう力があった。私は,それらの国々の(文学作品の)傑作を強制されて読んだが,まったく興味を覚えなかった。
 出典:ラッセル『教育論』第1章「近代教育理論の前提条件」]

Think of the different things that may be noticed in the course of a country walk. One man may be interested in the birds, another in the vegetation, another in the geology, yet another in the agriculture, and so on.
[田舎を散歩している途中で気づくであろう,種々の事物について,考えてみるとよい。ある人は'小鳥'に興味を持つだろう。ある人は'植物'に,ある人は'地質'に,またある人は'農業'に・・・,といった具合である。
 出典:ラッセル『幸福論』第11章「熱意」]

Formerly, the cruelty, the meanness, the dusty fretful passion of human life seemed to me a little thing, set, like some resolved discord in music, amid the splendour of the stars and the stately procession of geological ages. What if the universe was to end in universal death? It was none the less unruffled and magnificent.
* fretful (adj):いらいらする;怒りっぽい
* stately (adj.):威厳のある;堂々とした
* unruffled (adj.):騒ぎ立てない;平穏な;しわのない

[かつては,人の世の残酷さ,卑劣さ,無味乾燥でいらだちやすい情熱(激情)は,−−ちょうど音楽において不協和音が解決されて協和音になるように−−,星群の光輝と堂々たる地質学的年代の経過の間に没してしまい,とても小さな事にすぎないように思われた。もし仮に宇宙が終焉に来て宇宙が死滅するとしたても,どれだけ重要なことだろうか。以前は宇宙が死滅することがあったとしても,なお変らずに,宇宙は偉大であった。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第4章「再婚」]

His father, a well-educated man, was a professor of geology at a university.
[彼の父は教養の高い人物で,大学の地質学の教授をしていた。
 出典:宮川幸久(編著)『英単語ターゲット1900』p.315]

He was a visiting professor of geology at the University of Jordan. / With geological maps, books and atlases you can find out all the proven sites of precious minerals.
[ 出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Lerners, 3rd ed.]