(本館)  (トップへ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


go out of one's way (to) [わざわざ・・・する,回り道をする]
When the Junior Dean, a clergyman who raped his little daughter and became paralysed with syphilis, had to be got rid of in consequence, the Master went out of his way to state at College Meeting that those of us who did not attend chapel regularly had no idea how excellent this worthy's sermons had been.
* syphilis (n):梅毒(神を冒涜した天罰でこの病気にかかったという羊飼いの名前から)
[(英国国教会の)聖職者でもあった下級学生監が,自分の幼い娘をレイプし,梅毒のため身体が麻痺し,その結果解職されなければならなくなった時,トリニティ・コレッジの学寮長は,会議において,本題を外れ,わざわざ,「我々(評議員)のなかで定期的に礼拝式に出席しない者は,礼拝式での価値ある説教がいかに立派なものであるかまったくわかっていない」と述べた。
(松下注:'dean' は,「学部長」などの一般的な意味ではなく,オックスフォード及びケンブリッジ大学におけるコレッジの学生監のことを言うらしい。'junior dean' というのは,1,2年生の指導をする学生監のことを言うのだろうか?)。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第3章「ケンブリッジ大学時代」]

Gilbert Murray, who had been a close friend of mine since 1902, was a pro-Boer when I was not. I therefore naturally expected that he would again be on the side of peace; yet he went out of his way to write about the wickedness of the Germans, and the super-human virtue of Sir Edward Grey.
[1902年以来の親友であったギルバート・マーレイ(Gilbert Murray, 1866-1957)は,かつてボーア戦争(注:南阿戦争:1899年-1902年)に際して,私が英国側の立場をとった時,彼はボーア人に味方した。それゆえ私は,彼は当然再び和平を唱える立場をとるだろうと期待した。だが彼は,自ら進むべき道を外れ,わざわざドイツ人の邪悪さについて,またエドワード・グレイ卿(注:英国戦時内閣首相)の超人的な美徳について,書き記した。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第1章「第一次世界大戦」]

He went out of his way to assist me. / I went out of my way as far as Rome.
[彼はわざわざ私の手伝いをしてくれた。/ 私は回り道をしてローマまで行った。
 出典:森一郎『試験にでる英熟語』p.34]

Although he was busy he went out of his way to help me.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemprary English, new ed.]